医学論文の英語校正ならジーニアスプラス

新着情報

総説を書く

4270815_s今回は、総説論文、つまりreview articleについて解説します。レビューと言えばオンラインショッピングや旅行サイトでの評価のことを想像しますが、論文におけるレビューとは趣が異なります。一体どんな論文なのか、そしてそれは誰でも書けるのか?そういったことを中心に解説したいと思います。

 

1.総説とは何か?

総説とは、ある特定の分野に関して、先行する研究を徹底的に調査し、結果を比較検討したものを述べる研究論文の一種です。過去の研究に基づくこと、新たな研究データは含まないこと、そして (さらに…)

レターを書く

1523615_s研究論文や症例報告などの学術論文とは別に、「レター」というカテゴリーをご存じでしょうか?雑誌に掲載された最新の論文に対する意見や、自らの症例を短くまとめたものを執筆するのにちょうどいい練習になります。

常に採択されるとは限りませんが、常に新しいエビデンスに対して建設的な批判を行うという意味では科学の進歩に貢献しているといえるでしょう。今回はそんな「レター」について説明してみたいと思います。

 

レターの役割

レターとは論文の内容に対する意見を (さらに…)

症例報告を書く

4251886_s症例報告は初めて論文を書く人達にとっては登竜門となりますし、研究・教育機関に所属していない臨床医にとって、貴重な学術発表の機会でもあります。

今回は、症例報告について説明したいと思います.

 

1.症例報告とは?

症例報告とは、診療から得られた新しい知識を普及させるための手段です。

周知とは異なる症状や所見、すでに知られている疾患の新しい治療方法や珍しい合併症、治療に対する異常な副反応などといったことを報告するのが症例報告です。 (さらに…)

引用文献の書き方

4352573_s巨人の肩の上にのる矮人」(きょじんのかたのうえにのるわいじん、(nani gigantum umeris insidentes))という言葉にある通り、科学研究は先人たちが築き上げてきた成果の上に成り立っています。そしてあなたの研究テーマのどこまでがわかっていることでどこからがわかっていないことなのかを丁寧に紐解いていくことが科学研究の第一歩です。引用文献というのはまさに過去から現在に至る道しるべであり、どのような文献を引用するかによってあなたの研究の立ち位置を明確になります。今回は、文献を引用することの意義や具体的な方法についての具体的な作法について説明してみたいと (さらに…)

図表の示し方

4400885_s優れた研究論文には印象深い図表があるものです。論文を読むときに、本文に目を通さず図表だけ読む、という人もいるくらいですから、非常に重要なセクションになります。今回は、その図表の示し方について説明したいと思います。

 

1.図表の役割

図表次第で、論文の説得力は全く違ったものになります。査読者や編集者の判断にも影響するでしょう。

特に、異なる分野の研究者が多く読むようなトップジャーナルに投稿するときは、一目で内容がわかり、 (さらに…)

「考察」の書き方

3246516_s今回は論文の「考察」(=discussion)の書き方についてです。いうまでもなく方法と結果が論文の中心的な存在ですが、考察は結果をまとめ、意味づけをする上で非常に重要な役割を果たします。段落ごとに役割を持たせることを意識するようにするとよいでしょう。

 

1.考察の段落構成

「考察」の段落構成は一般的には以下のように分けることが推奨されていることが多いです。

  • 第1段落:最も重要な情報のサマリー
  • 第2段落:関連する過去の研究結果との (さらに…)

「結果」の書き方

4244674_s

今回は論文におけるメインパートである「結果」についてです。結果の書き方のポイント、および各セクションにおける記載のポイントについて説明してみたいと思います。

 

1.「結果」パートの重要ポイント

論文の「結果」の記載のポイントは以下の2点になります。

  1. 事実と解釈を混同しないこと
  2. 全体の流れを意識して理路整然とまとめること (さらに…)

『方法(Methods)』の書き方

1830781_s論文の中で最も正確で詳細な記載が求められるのが方法、methodsセクションです。論文を書き始めるときに最初に取り組む部分と定めている研究者も少なくないと思いますが、今回はこの部分で記載すべきことをまとめてみました。 (さらに…)

『はじめに(introduction)』では何を書くのか?

958345_s 論文執筆の際、実は最も難しいといわれるセクションの1つが導入部、つまりintroductionと言われています。この部分では自分がどうして研究を行ったのか、理論的な背景を述べながら読者の興味をそそるような内容にする必要があります。

とはいえ奇をてらった書き方が求められているわけではなく、一定の手順、セオリーのようなものがあり、それに従って記載するだけで一定の質を担保できます。

今回の記事では、『はじめに(introduction)』をどのように記載するのかについて説明したいと思います。

 

1.『はじめに』で書く項目

冒頭でも述べたように、イントロ部分の役割は、なぜその研究を実施するに至ったのか、という経緯を説明することにあります。

巨人の肩の上にのる矮人」(きょじんのかたのうえにのるわいじん、ラテン語: nani gigantum umeris insidentes)という言葉を聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれません。 (さらに…)

原著を書く

4153947_s研究成果を発表するならば学会発表や商業誌ではなく、原著論文にこだわりたいものです。今回は、原著論文の構成についてご説明します。

 

1. 原著の構成

原著論文は、研究の背景や方法から考察まで、決められた約束に則ってもれなく記載する必要があります。

この「決められた約束」というのが、IMRAD方式と呼ばれる構成になります。

IMRADとは、 (さらに…)