医学論文の英語校正ならジーニアスプラス

新着情報

そもそもなぜ論文を書くのか

document_イラスト

毎年膨大な数の研究が実施され、それに関連した論文が次々に出ています。しかし「論文を書く」という行為の目的はいったい何なのでしょうか?本項では、そもそもなぜ論文を書くのか、考えてみたいと思います。

 

論文を書く目的

研究者として、自分の研究成果を論文に残すということは、承認要求に対する目に見える答えという点で、研究者自身の本質的な欲求に近いものだと思います。
しかしなぜわざわざお金をかけて英文校正に出して、掲載料を払ったりしてまでして論文を書くのでしょうか?
エビデンスに基づく医療を提供するためにというのが最も大切な目的でしょう。
しかし、読まれてナンボ、という世界でもあるので、できるだけその分野の多くの人の目に触れるようなトップジャーナルに掲載されることを目標にするわけです。
そしていつしかそのことが目的に変わってしまうことがあります。ただ漠然と、

エビデンスに基づく医療のために

といわれてもどんなエビデンスを提供しうるのか、そこからまずは整理してみましょう。

 

  1. 新しい治療法の効果を検証する
  2. 疾患の発症や進行の要因となるものを明らかにする
  3. 新しい診断方法の精度を評価する
  4. 治療法のリスクとベネフィット(費用対効果など)を評価する

 

こういったところを原著論文では明らかにしていくのですが、非常に珍しい疾患、経過をたどった疾患、あるいは(たまたまかもしれないが)うまくいった症例などに関して、個別性の高い症例報告も重要なエビデンスを提供してくれます。
原著論文では大勢の患者さんのデータを使って一般化していく作業ではありますが、個々の患者さんを診ているときに得られた知見を一般化していくフェーズでもあります。
このようにして有益な情報を医療の現場に還元することができれば研究者冥利に尽きる、という話ですが、実際にはいろいろな邪なモチベーションが働くものです。

 

目的から手段に…

現場に還元できる知見を発表することは、なかなかできるものではない、という現実があります。

  1. High impact journalに掲載することが目的となる
  2. 結果の出そうなテーマに飛びついて研究を開始する
  3. 結果の重要性よりも論文数、業績を重視する

 

これらは明らかに悪いことではありません。現実には多くの研究施設で日常的になっていることも事実です。
しかし、上記の状態に陥っていることを自覚している場合と、無自覚でいるのとでは大きく異なると思われます。

 

原則としてすべて出版されるべき

このことの弊害として言われていることの一つとして、結果が未公表なランダム化比較試験が非常に多い、ということがあります。
一つの介入研究を実施するには計画段階から考えると「億」単位のお金が動きます。例えば新規薬剤の効果を示すための研究を行ったとき、その結果が芳しくない場合、推奨薬剤として世の中に認めてもらえないことになります。
そこでその結果を敢えて報告しない、というプラクティスが起こりえます。
そして臨床研究の90%を占める非介入研究においてはなおさらそういった傾向がありうるだろう、という状況は想像に難くはありません。これは出版バイアスと呼ばれます。
近年ではClinical trialを登録しておくシステムが普及し、そういったシステムに事前に登録したものでなければ介入研究の論文を受け付けないジャーナルが増えてきました。
しかしそれは主に介入研究や前向き観察研究にとどまり、研究全体をカバーするところまではいきません。また国によっても考え方が違うということもあり、全世界的に広まっているというわけでもありません。
近年わが国においても、ガイドラインを作成する際には、システマティックレビューを実施する、という学術団体が増えています。そのシステマティックレビューの方法論として、出版バイアスを疑えるような手法もありますが完全なものではありません。

つまりは研究者自身の良心にゆだねられる部分であるといえます。

 

最後に

いかがでしたでしょうか?論文を書く目的について、深く考える機会がなかった方にとってはじっくりと考える良い機会になったのではないでしょうか。ともすれば我々研究者は本来の目的である、良質なエビデンスを医療に提供するということを忘れがちです。無自覚でそれを行うことはいつか目に見える形で我々人類がその被害を被るかもしれない、という広い視点で物事を考える必要があるのではないでしょうか。

“成功する”論文作成のワザ

成功1

自分自身の研究成果を世の中に向けて発信する手段として、学術論文というのは非常に価値があります。学会発表では多くの場合は紙面の形で残るのはごく一部ですし、何よりも論文は査読のプロセスを経てきちんと「審査」を受けてから世の中に出ます。さらに、Pubmedなどに半永久的に残ることも論文にする利点です。しかし、1つの論文を作り上げるまでに非常に多くの苦労を経なければならず、なかなか重い腰が上がらないという人もいるでしょう。今回は、いかにして質の高い論文を数多く世の中に発信できるようになるかについて書かせていただきます。

論文を量産するコツ

質の高い論文を数多く世の中に発信する、とはいっても書かなければ始まりません。
研究を計画し、実施し、学会発表を経て最後は論文にするという流れを作り上げることが大切です。

論文を量産するコツとして

  • 「書くこと」に慣れる
  • 他の人に読んでもらう(=読んでくれる人を見つける)
  • 「論文作成のタイミング」を外さない

以上の3つを順に解説していきます。

 

「書くこと」に慣れる

一言で書くことに慣れろ、と言われても大体においてその一歩が踏み出せずにいることが多いと思います。どうしたら書き始められるでしょうか?

文章を完成させるときには、完璧主義ではじめないことがポイントです。 つまり、はじめから細部にこだわりすぎないことです。そして、大雑把でもいいのでできるだけ早く最後まで書き切ることが鍵です。

そして、1日に10分でいいので書きかけの論文に手を入れるようにします。作業は何でもよいのです。タイトルを考える、著者のリストを作る、参考文献リストを見直す、Tableのレイアウトを見直すなど、やれることはいくらでもあります。

10分のつもりではじめても、2~3回に1回くらいはもう少し踏み込んでやってみるか、と思えるものです。頭脳を使う度合いが最も大きいのはintroductionとdiscussionです。ここは少しまとまった時間を割けるようにするとよいでしょう。

materials and methods, resultsは計画段階あるいは解析をしているときに少しずつ書きためておくとよいでしょう。

このように、論文作成は、幾重にも塗り重ねるような方式で少しずつ完成度を高めていくように作っていくのがコツです。

 

他の人に読んでもらう

大学や研究所などではよき指導者に巡り会えれば、その人と何度も往復書簡を交わしてブラッシュアップをしていくことができます。

そういった恵まれた環境にいなくても近年ではSNSで研究のメンターを探したりすることができます。研究計画の立案から論文作成に至るステップを順番にコーチングしてもらうことができ、メンターとなった側も指導の経験を積めて研究業績を積むことができます。

そうしたメンターとの間で論文原稿を何度も往復しながら完成させていきます。

論文全体の論旨の整合性などを確認していきながら文章自体を洗練させていく、というこのプロセスからは、非常に多くの学びを得ることができます。

また、当然ながら最終的には英文校正に提出して言語を確認しますが、内容を曖昧にしたまま提出することのないように、しっかりと内容を吟味した上で提出しましょう。

 

論文をどのタイミングで書くのか

研究を計画し、実施し、学会で発表するところまでは行けても論文にするとなるとまた多大な労力を要します。

なかなか論文を書けない、という人の中には、学会で発表するところで満足してしまっている方も少なくはないのではないでしょうか?

ベストな論文作成時期というのは、学会の抄録を作るときです。

論文を作るのと学会発表するのは実は多くの部分で作業が重なります。つまりここで同時に片付けてしまうのが一番効率的なのです。

さらに、論文作成と学会準備を重ねることには以下のような利点があります。

  • 内容を深く理解した状態で学会を迎えることになり、自信を持って発表できる
  • 学会での想定問答や、実際の質疑応答がDiscussionを書く際の参考になる
  • 学会発表時のアイディアを他人に実行に移されても先んじられるリスクは低い
  • 学会でミスを指摘されても論文にする前であれば修正が容易である

そして最も重要な点として、学会発表を終えてから論文を書いていると、つい書き始めるのが億劫になって書かなくなってしまうことがある、というのも生産性を上げられない理由の1つになります。

 

まとめ

質の高い論文を量産するコツについて述べてきました。

まず全体を俯瞰するような概略的な論文原稿を作成し、徐々に完成度を高めていくように、そしてとにかく毎日少しずつ作業を進めること、またよき助言者に出合うことが鍵となります。

さらに、研究には終わりがありませんが、学会発表の準備とともに論文作成を並行して進めるようにすると生産性を上げることができます。

あなたの研究を世界に向けて発信するために、効率よく、論文を量産していってください。

論文を書く際のご法度

ご法度表現

学術論文を書く際に、「やってはいけないこと」がいくつかあります。これらは明らかに処罰の対象となるものから処罰の対象ではないが査読の際に致命傷となるものまで様々なレベルで存在しています。今回は、いかにして「やってはいけない」を回避するかついて書かせていただきます。

4つの「ご法度」

特に正式な指針としてまとまっている訳ではありませんが、時々出くわす致命的な過ちをご紹介します。

  1. 剽窃・盗用 → 絶対禁忌!
  2. 不適切な表現方法
  3. 不確かな根拠に基づく主張
  4. 一貫性のない論旨

以上の4つを順に解説していきます。

 

剽窃・盗用

剽窃・盗用とは、他の論文などを許可なく使用し、自分のものとして発表することをいいます。意図的であるかは関係なく、自分自身の過去の論文等の利用でさえ含まれます。学術的かつ倫理的に重大なルール違反であり、発覚した際に論文の撤回や執筆者の信用失墜を招きかねません。

意図せぬ剽窃として起こるのは、英語論文を書く際に適切な参照をしているにもかかわらず、文章を書き起こす際にほとんどコピー&ペーストしてしまう、などの行為に起因するものです。

まずは意図しない剽窃・盗用を予防することが大事です。そのため、引用した文献と同じ文章になっていないかを確認しましょう。また、今は剽窃チェックツールを論文作成後に投稿するときに同時に提出を求める場合もあります。

 

不適切な表現

表現の適切さは、①科学的な妥当性とともに、②弱者やマイノリティに対する倫理的な配慮の観点から決まります。

科学的な妥当性は、研究者が意図した通りに読者に理解してもらうために重要です。つまり、きちんとした定義に基づいた用語を用いることが大事です。多義的な言葉の使い方はご法度です。

文学作品などにおいては繰り返しの同一表現を避ける傾向にありますが、そのようなことは学術論文で行うことは適切ではありません。読み手に正しく理解してもらうこと、それが最も重要なのです。

次に、倫理的な配慮ですが、ポイントを一言で言えば差別的な表現は避けるです。学会などでも避けるべき表現などとして情報を公開している場合もあるため、自身の研究分野における用語の使い方については確認しておくとよいでしょう。

例えば日本語では自然に使用されることが多いと思われる、「X病患者」という表現ですが、英語では「X病を持った患者/人々」ということで、“Patients with X disease”などと表現することが推奨されています。

例:

  • Diabetic patients -> Patients with diabetes mellitus
  • Dialysis patients -> Patients on dialysis

などです。

 

不確かな根拠に基づく主張

論文のDiscussionの部分では結果に基づく解釈を元に、主張することが求められます。ところが、そこまでの論拠はないにもかかわらず堂々と主張する研究者がいますが、これはご法度です。

あるいは、事実に基づかない、不確かな情報源から得た情報を元に論を展開するのもご法度です。必ず論文を書く際には自身の研究結果または確かな情報源に基づいた既存の事実をベースに主張をしているかについて、しっかりと見直すことが大事です。

 

一貫性のない論旨

「論文の論旨が書いている途中で徐々に変わっていってしまう」

そんな経験はないでしょうか?夢中で書いていると頭の中で思考がある程度まとまってくるのですが、最初に考えていたことから徐々にずれてしまうことがあります。常に論文全体の流れを意識することが重要です。

Introductionの最終部分に研究の目的を記載しますが、これは伏線であり、結論部分ではその伏線を回収する、という意識です。

そのためには、IntroductionとDiscussionは常にセットという意識を持つとよいでしょう。つまり、論文を書く際にもこれらのセクションはセットで執筆をする、ということです。

 

まとめ

今回は論文作成におけるご法度について述べてきました。剽窃・盗用、差別的表現は時に研究者のキャリアそのものを脅かすことになりかねないため、十分に注意をすべきです。そして当たり前のこととして、論文は妥当な研究結果、既存の事実に基づいた、首尾一貫した論旨を保って記載するように心がけるようにしましょう。

特に英語表現として、不適切な表現になるのかどうかについては英文校正を活用するのがよいでしょう。文法やコロケーション以外にも、用語の使い方などについても確認してもらういい機会となるはずです。

あなたの研究を適切に世界に向けて発信するために、上記の点に十分注意しながら執筆を継続していきましょう。

どのような論文が雑誌掲載不可となるのか?

掲載拒否

苦労して書き上げた論文を投稿したあと、最初に待ち受けるのは「即リジェクト」です。
雑誌の編集部が掲載可否の判断のためのPeer reviewの過程に回す必要すら無いと判断された、門前払いをくらった、ということで悲観的になってしまうものです。
しかし、大前提として、その論文が投稿するための条件を満たしていたでしょうか?今回は、どのような論文が掲載不可と即断されるのかについて書かせていただきます。

査読に回らずに掲載不可となる主な理由

論文が門前払いを食らってしまう理由はいくつかあります。

  • 必要書類が提出されていない
  • 雑誌の掲載分野外である
  • 研究の「事前登録」の記載がない

以上の3つを順に解説していきます。

 

必要書類が提出されていない

以前にも別の記事でご紹介しましたが、論文提出時にジャーナル側に提出すべき書類がいくつかあります。

  1. 論文原稿(Manuscript)
  2. 図表(特に画素数の大きな画像については論文本文とは別に投稿することが求められる)
  3. カバーレター
  4. 利益相反申告
  5. 著者の掲載許可(直筆サインや印鑑が求められることが多い)
  6. 著作権譲渡(受理後に記入することも多い)

これらの書類が揃っていなければ当然即リジェクトを受けても文句は言えません。必要な手続きがいい加減なままであれば、論文の中身までいい加減だ、と判断されかねないのです。そしてこれは簡単に予防可能です。

 

雑誌の掲載分野外である

雑誌のタイトルからだけでは掲載分野が正しく理解できないことがあります。

学術雑誌の場合はそういうことが生じないように、投稿規定などにその雑誌のスコープを掲載いている場合がありますので、必ず確認しておきましょう。また、投稿を考えている雑誌のアーカイブを参照してタイトルだけでも確認しておくとよいでしょう。

あるいは、大手の出版会社では、タイトルやアブストラクトの情報を入れるだけで機械的な判定で投稿に適したジャーナルを提案してくれるようなシステムを整えているところもあります。

それでも既存のスコープに当てはまらない、全く新規性のある研究であると、適切なジャーナルを選択するのが困難な場合があります。そうした場合にはまず投稿してみること、そしてカバーレターにしっかりとそのジャーナルへの投稿した理由を記載しておくとよいでしょう。

 

研究の「事前登録」の記載がない

特に臨床研究で実際の患者さんを対象とするような研究を計画する場合、倫理審査などを通じて研究実施を承認してもらう必要があります。また、前向きに診療情報を収集するようなケースにおいては、前もってClinical trial registryに登録することが求められますので、研究を実施する際、あるいは計画段階でそうしたレジストリへの登録するかどうかについても研究グループ内でコンセンサスを得ておく必要があります。

我が国には、日本の大学病院と医学生物学研究者向けの情報ネットワークである、大学病院医療情報ネットワーク(だいがくびょういんいりょうネットワーク、University hospital Medical Information Network (UMIN))や財団法人日本医薬情報センターが運営するウェブサイト「臨床試験情報データベース(JapicCTI)」がありますし、アメリカでしたら米国国立医学図書館が管理するウェブサイト“ClinicalTrials.gov”、欧州では欧州医薬品庁が管理するウェブサイト“EU Clinical Trials Register”がそれぞれ利用可能です。

こうした条件が投稿規定の中に明記されていることが多く、また、電子投稿の段階で前向きデータの利用を選択した段階でレジストリへの登録状況を自動的に問うてくる場合も多いため、投稿すらできない、ということもあります。

 

まとめ

今回はどのような論文が掲載不可となるかについてまとめました。

これらのことは研究の計画段階で留意すべきことも含みますので、研究グループ内でしっかりと合意を形成しておくことが望まれます。

言うまでもないことかもしれませんが、投稿に際して必要な書類を整えない、投稿規定を守らない、という行為は研究自体の信頼性も失墜させかねませんので、用意周到で投稿作業を行うことを心がけましょう。

また、上記には含めませんでしたが、英文の質にも気を配るべきです。これらはよほど目立った文法、コロケーション、語彙のミスがなければよいと思われがちですが(あれば即リジェクトにもなりかねません)、細かなミスの積み重ねで査読者の心象を悪くする可能性がありますので、英文校正を行っておくことをお勧めします。

編集者のチェックポイント

9f9d2225992945fe1560f982a6713c1b_s

学術雑誌(journal)への掲載は、査読者による評価を基にして編集者が最終的に掲載するかどうかを決めることになります。今回は、論文の査読が終了したあと、採択の可否がどのように決定されるかについて見ていきましょう。

論文採択基準と査読結果

まず、ジャーナルの論文採択ポリシーについて説明します。それは、

「多少の欠点があっても、学術の発展、あるいは医療の進歩に何らかの意味でよい効果を及ぼす内容であるなら採択する」

というものです。もちろん、話題が読者の関心を (さらに…)

別刷り請求とオープンアクセスについて

9f9d2225992945fe1560f982a6713c1b_s

論文が受理(accept)されたあとにいくつかの追加的なオプションがありますが、そのうちのOpen accessと別刷り印刷についてとりあげてみたいと思います。

Open accessとは

そもそもジャーナルに投稿する際に、そのジャーナルがオープンアクセスかどうかを確認してから投稿すると思います。完全なオープンアクセスジャーナルであれば他に選択肢はないのですが、オープンアクセスが選択できる、ハイブリッド型と呼ばれるジャーナルがあります。

そしてハイブリッド型のジャーナルで、アクセプトが決まった後に (さらに…)

論文掲載決定後の手続き

9f9d2225992945fe1560f982a6713c1b_s

長かった査読者とのやりとりが終わり、ようやく受理(accept)の通知を受けとると、やがて編集部から連絡が来ます。まさに「もう一仕事」という状況なのですが、有終の美を飾るためにもここはおろそかにすることはできません。今回は、論文の雑誌掲載が決定された後の流れについて見ていきましょう。

受理が決まったあとの大まかな流れ

論文受理の知らせは責任著者(Corresponding author)または共著者全員にメールで知らされます。

少し経ってから編集部から、著者自らが行う校正についての (さらに…)

編集者の決定への対応について

9f9d2225992945fe1560f982a6713c1b_s

晴れて論文投稿を終えたあとには編集者のチェックを経た後に査読(review)に回ります。最初の投稿で受理(accept)されることは滅多になく、たいていは何らかの変更、修正を査読者や編集者から求められます。今回は、査読結果が返ってきた場合の対応について見ていきましょう。

査読結果はどのように通知されるか

論文の査読結果は責任著者(Corresponding author)または共著者全員にメールで知らされます。このとき、次の4つのカテゴリーで返って (さらに…)

編集者からの通知について

9e0aa598cb3e66b96fdbfa686e5207c2_s

論文を投稿した後に編集者から原稿の受け取りが来ることが一般的です。しかし、通知がすぐに来なかったらどうするのか?今日は論文を投稿した後に編集部で起こっていることを中心に見ていきましょう。

 

論文が編集部に届いた後どんなことが起こっているのか

論文投稿後に編集部内でどのようなことが起こっているのか、あまり知られていません。

編集長のもとに新しい投稿論文が届くと、まずは担当となる編集者に論文を割り当て、査読や意思決定プロセスを任せるのが一般的です。その際の編集者の主な業務は、投稿された論文原稿の決定に関する提案を編集長に伝えることです。

しかしその前に、簡単なチェックを編集助手(editorial assistant)に、投稿規定が守られているか、必要な書類が揃っているか、ジャーナルのテーマに合っているか、ファイルを正しく開けるか、ジャーナルの使用言語で書かれているか、などをさせることが一般的です。

これらの確認の過程で不備が見つかれ (さらに…)

著者による査読者候補提出について

0a26ea143d8ca88f4e831fb7125d5306_s

多くの学術雑誌では、科学者同士がお互いの書いた論文のチェックする、”Peer review”によって正当で公平な評価を下すことでその科学的妥当性や論理性を担保する仕組みになっています。

しかし、研究の世界においても自分たちに対して賛意を示す人や団体もいれば、反対する人達もいます。

そうした人を公平に選ぶことによって偏りのない評価が期待される一方で、敵対的な研究室ではライバルの研究室の成果が表に出ないように悪意を持ってほとんど修正が不可能な反論をしたり、本来不必要な追加実験や解析を著者達に求めてくる事があります。

これも別の意味での偏りを持った評価となるため、科学の健全な発展にとって妨げになってしまいます。

そこで、多くのジャーナルで敵対あるいは (さらに…)