医学論文の英語校正ならジーニアスプラス

新着情報

論文掲載決定後の手続き

9f9d2225992945fe1560f982a6713c1b_s

長かった査読者とのやりとりが終わり、ようやく受理(accept)の通知を受けとると、やがて編集部から連絡が来ます。まさに「もう一仕事」という状況なのですが、有終の美を飾るためにもここはおろそかにすることはできません。今回は、論文の雑誌掲載が決定された後の流れについて見ていきましょう。

受理が決まったあとの大まかな流れ

論文受理の知らせは責任著者(Corresponding author)または共著者全員にメールで知らされます。

少し経ってから編集部から、著者自らが行う校正についての依頼が来ます。

基本的には内容的に修正すべき事はほとんど無い、というのがこの段階の前提です。

そのまえに編集部でどのような作業が行われているのかを説明しますと、

  • 受理(accept)決定、著者へ連絡
  • →編集校正作業のために制作部に論文原稿が送られる
  • →制作部において校正作業、書式を整えるなどの作業
  • →確認のために著者に最終版の校正原稿が送付される

このプロセスの早さは雑誌によってまちまちですが、大体1ヶ月程度のことが多いようです。

アクセプトから出版までに数週から数ヶ月を要することもあるのです。

そして最終的に皆さんの手元に編集部・制作部の手によって加工された論文原稿の最終版が校正依頼とともにやってくるというわけです。

 

著者による校正が許される事項

この段階で行うべき事は、内容に踏み込むことは原則的にないものと理解しておきましょう。

著者リスト、所属、利益相反、などに間違いが無いかを徹底的に確認します。この段階で論文の内容の中にマイナーなミス(綴り、参考文献リストの番号など)を見つけてしまうことがあるかもしれません。

この程度の修正であれば校正での修正で許される範囲と言えるでしょう。

ただし、内容に関すること(表の数値やグラフそのものなど)については校正の段階での修正ではなく、編集部に直接メールで訂正箇所を伝えてみた方がよいでしょう。

なぜなら著者に与えられる時間は48時間程度とかなり限られているからです。

 

校正原稿を提出したあとにミスに気づいたら

まずはこうしたことが絶対に起こらないようにすることが基本です。

しかし見つけてしまった場合にどうなるかは知っておく必要があります。

まず、最悪の場合は論文取り下げです。

致命的な解析ミスにより結果が全く異なるものになった場合などがこれに当たります。

研究者のキャリアに傷が付きかねないのでこれは絶対に避けたいところです。

しかしこれは校正以前の問題であり、解析の体制を二重にするなどミスが生じない工夫を研究室として取り組む事が重要です。

次に大きな作業を要求されるのは、正誤表(erratum)の発行です。

オンライン出版されている場合などは次号で正誤表を出してもらえるようジャーナルに依頼することになります。

校正が終了した直後であればすぐに編集部にメールをしましょう。

そのまま校正の一部として認めてもらえれば上記のような面倒な手間を要することはありません。

 

短い期間で比較的多くの修正を余儀なくされたら

校正段階でも許容範囲と考えられるような修正をしたい場合であっても、その修正が出版までの最終便になることを考えると非常に慎重に取り組む必要があります。

受理されても出版までは気を抜いてはならないのです。

緒言や方法の記載など、論文の結果や結論に大きく影響しない修正であった場合、比較的多くの英文を記述する必要があるならば英文校正を依頼するほうがよいでしょう。

しかしこの校正の段階では大幅な変更は原則的に行ってはならないと考えておいた方がよいでしょう。

 

まとめ

アクセプトされた論文原稿の校正依頼が来た場合は、とにかくこれが最終便であることをしっかりと念頭において対応することが重要です。

そしてその作業に許された期間はそれほど長くありません。

最悪のケースである論文取り下げにだけはならないよう、しっかり最終確認をするとともに誤字脱字、参考文献リストの整合性、著者リストの最終確認を怠らないようにすることが重要です。

これが終われば晴れてあなたの論文は世界に向けて発信されることになります。

最後の最後まで気を抜かないようにきっちりと仕上げましょう。

編集者の決定への対応について

9f9d2225992945fe1560f982a6713c1b_s

晴れて論文投稿を終えたあとには編集者のチェックを経た後に査読(review)に回ります。最初の投稿で受理(accept)されることは滅多になく、たいていは何らかの変更、修正を査読者や編集者から求められます。今回は、査読結果が返ってきた場合の対応について見ていきましょう。

査読結果はどのように通知されるか

論文の査読結果は責任著者(Corresponding author)または共著者全員にメールで知らされます。このとき、次の4つのカテゴリーで返ってくることがほとんどです。

  1. 受理(accept)
  2. 条件付き受理(微細な修正)(minor revision)
  3. 条件付き受理(大幅な修正)(major revision)
  4. 不受理(reject)

このうち2または3のカテゴリーに入ると何回か査読者とのやりとりが始まります。ここでいかに頑張れるかで受理されるかどうかが決まります。

 

査読者に対する対応

この段階で行うべき事は、査読に対する反駁(rebuttal letter)を作成し、修正論文を作成することです。責任著者の元に送られてきた査読文を読むと、自分が丹精込めて書いた論文を否定された気持ちになってつい感情的に対応してしまったり、負の感情が前面に出た反駁文になりがちですので、一呼吸置いてから取りかかるようにしましょう。

ここで必要なポイントは以下の3つになります。

  1. 丁寧な対応を心がける
  2. すべてのコメントに対応する
  3. 修正した点を本文中の箇所に照らし合わせて明示的に示す

査読者が論点を整理してくれている場合には原則としてそれに沿って順番に答えていくのがよいでしょう。長文で返答している場合には論点を自分で洗い出していきます。

方法、結果、考察のそれぞれのパートのどこに対応するのか、順を追って整理するとよいでしょう。このとき、次のような一文を冒頭につけておくとよいでしょう。

「回答にあたり統合的なアプローチを取るため、査読者のコメントに対する回答をいくつかのカテゴリーに分けました」
I have separated my responses to the reviewers’ comments according to several categories.

言われたとおりに対応するのか、反論を試みるのか、などの作戦を共著者や指導者とともに議論しましょう。

 

査読への返答の主な流れ

カバーレターのように冒頭にEditor-in-chiefの名前、Journal名、日付、Manuscript numberなどを記載し、書き始め、責任著者の名で締めくくります。内容としては査読してくれたことに対する御礼とeditorから指摘された点についての主な修正点を記載します。editorへのメッセージを締めくくったあとに、それぞれの査読者のコメントに対する具体的な返答を順番に記載していきます。

 

査読者の誤解または対応困難な論点に出くわしたらどうするか

査読者は、自分の専門分野に関する幅広い知識を持った人ですので、著者の表現方法に問題があるからこそ誤解が生じたのではないか、と考えるようにしましょう。間違っても査読者に失礼なコメントをしないことです。

まず、査読者の質問内容が本来の趣旨と合致しないことを説明し、それはこう説明すべきでした、と修正を試みることです。次のターンでより正しい理解に基づいたコメントが来ることが期待できるので、それから対応すればよいのです。

査読者が挙げた論点に対して、対応することが困難であればその理由を説明します。追加の実験、あるいは解析を求めているがそれが難しい場合、あるいは必要であるとは思えない、などの客観的で正当と思われる理由を述べるようにしましょう。

指摘されたことに対しては感謝の意を表明するとともに、可能であれば研究のlimitationとして、あるいは将来的な展望の中で述べるなど、できるだけコメントを反映させるようにすると査読者のコメントが無駄になりません。

 

最後に ~査読者も人間である~

論文は著者と査読者による共同作業です。著者はPubmedに名前が載り、業績としてカウントされるなど、評価の対象になりますが、一方で査読はボランティアであり、賃金が発生しません。

研究論文を世に出すという意味では同じくらい重要な役割を担う査読というプロセスが、研究者の善意によって成り立っているといっても過言ではありません。

自らの業務や研究で忙しい中、自分の持つ時間を削ってまで査読をしてくれているのです。そういった労力に対するリスペクトは非常に重要です。

なぜなら、査読者も人だからです。

人だからこそ感情も起こります。

著者から無礼きわまりない対応を受ければあら探しに専念するようになるかもしれません。自分の指摘をないがしろにされれば気持ちの良いものではありません。感謝とリスペクトを忘れずに、指摘された点はもれなく誠実に対応する、というのは論文を書く科学者としての当然のマナーであり、プロフェッショナルとしてのあり方でしょう。そういった観点で査読に対応していくことが大事です。

編集者からの通知について

9e0aa598cb3e66b96fdbfa686e5207c2_s

論文を投稿した後に編集者から原稿の受け取りが来ることが一般的です。しかし、通知がすぐに来なかったらどうするのか?今日は論文を投稿した後に編集部で起こっていることを中心に見ていきましょう。

 

論文が編集部に届いた後どんなことが起こっているのか

論文投稿後に編集部内でどのようなことが起こっているのか、あまり知られていません。

編集長のもとに新しい投稿論文が届くと、まずは担当となる編集者に論文を割り当て、査読や意思決定プロセスを任せるのが一般的です。その際の編集者の主な業務は、投稿された論文原稿の決定に関する提案を編集長に伝えることです。

しかしその前に、簡単なチェックを編集助手(editorial assistant)に、投稿規定が守られているか、必要な書類が揃っているか、ジャーナルのテーマに合っているか、ファイルを正しく開けるか、ジャーナルの使用言語で書かれているか、などをさせることが一般的です。

これらの確認の過程で不備が見つかれば責任著者のもとに連絡し、具体的な修正依頼を行います。

 

編集部からの通知の時期

論文の投稿作業が完了すると、電子投稿画面であればほとんど自動でジャーナルからの通知が来ます。どのようなタイミングで通知が来るのかというと、

  1. 論文原稿が編集部に届いたとき
  2. 編集部内でリジェクトの判断がされたとき
  3. 査読結果がでたとき(受理、条件付き受理、不受理)
  4. 論文が公表できる段階になったとき、あるいは公表されるとき

このうち一番最初のステップの受け取りの通知はほぼ自動で送られてくることがほとんどですので、それがなければまずは自身のメールボックスを確認しましょう。迷惑メール、スパムに分類されていないか、単に確認していないだけかもしれません。次に電子投稿システムの不備や編集者の休暇等による一時的な不在の可能性も考えられますので、2~3日経過してから編集部に問い合わせてみましょう。投稿時に参照する投稿規定や投稿画面等に連絡先が記されていることが多いので、そこにメールしてみることです。日本では期日や時間を守るのが常識ですが、他の国ではその常識が必ずしも通用しないことがあります。例えばアメリカではHoliday season、具体的には11月末の感謝祭から年末年始に至る時期は休暇を取る人が多く、その間はジャーナル編集部も査読も滞りがちな印象があります。

編集部への問い合わせの方法

最近ではメールだけでなく、チャットを利用して気軽に編集部とやりとりできる場合もあります。しかし、その場合でも最低限のマナーは守るようにしましょう。通知が来ずに不安になったりイライラしたりする気持ちは十分に理解できますが、あまり攻撃的にならないようにすることが大事です。

編集部へ問い合わせるときには論文の著者リスト、タイトル、所属を伝え、投稿した時期を伝えましょう。そして通知が届いていない旨を伝えるのですが、自分のメールボックスは確認済みであることも同時に伝えておくとスムーズでしょう。

著者による査読者候補提出について

0a26ea143d8ca88f4e831fb7125d5306_s

多くの学術雑誌では、科学者同士がお互いの書いた論文のチェックする、”Peer review”によって正当で公平な評価を下すことでその科学的妥当性や論理性を担保する仕組みになっています。

しかし、研究の世界においても自分たちに対して賛意を示す人や団体もいれば、反対する人達もいます。

そうした人を公平に選ぶことによって偏りのない評価が期待される一方で、敵対的な研究室ではライバルの研究室の成果が表に出ないように悪意を持ってほとんど修正が不可能な反論をしたり、本来不必要な追加実験や解析を著者達に求めてくる事があります。

これも別の意味での偏りを持った評価となるため、科学の健全な発展にとって妨げになってしまいます。

そこで、多くのジャーナルで敵対あるいはライバル関係にある団体や科学者からの査読を避けることをジャーナル側に主張することができるのです。

通常、論文の査読者はジャーナルのエディターが指名することが多く、通常は2名以上5名以下のレビュアーが選定されます。

 

著者が査読者を指名するにはどうしたらよいのか?

論文投稿する際の電子申請画面上に、「公平な審査ができそうな人を推薦してください」と、指名するための特別な書式が用意されていることもあれば、カバーレターにその旨を記載するように論文の提出ガイドに記載されていたりすることがあります。

あるいは、「公平な審査が期待できないためにレビューをされることを拒否したい人をあげてください」など、反対にレビューを拒否したい人を上げるケースもあります。

ただし、ここで指名した人が絶対にレビュアーに回るとは限りません。査読者を選定するプロセスの最終判断はエディターが握っているからです。

しかしどうしてこのようなプロセスを踏むのでしょうか?

 

著者が査読者を指名する、あるいは回して欲しくない人を挙げる理由とは?

  1. 敵対する研究室から研究の進捗を邪魔されないため
  2. 研究の進捗を遅らせるため無駄な研究をさせられないため
  3. 著者に対する過度な精神的苦痛を与えるのを避けるため

近年ではダブルブラインド方式での査読も散見されますが、狭い研究業界であれば方法や論文の書き方を見れば同じ業界にいる人であれば大体誰が出した論文か検討がついてしまうものです。

 

どんな人を指名するのがよいのか

論文を初めて投稿する人や、新たに挑む研究の場合にはその業界のことをよく知らないことがほとんどでしょう。そんな中で、敵対する研究者のことをどこまで気にすれば良いのでしょうか?あるいは誰だったら公平なレビューをしてくれるかなどそう簡単に知ることはできるのでしょうか?

まずはその業界に精通した人に聞いてみるのがよいでしょう。自分の上司、同じ研究室の先輩や指導者などの身近なところから始めることが多いでしょう。

次に、学会や研究会などでその領域の研究者とのネットワーク作りも有効です。最初から敵対的な態度を取ってくることはそれほど多くなく、同じ領域の研究者同士で同じ苦労を分かち合い、最新の情報を仕入れるのにも役立ちます。また、自分の研究を世に広めてくれる可能性もあります。

国内の学会でのネットワーク作りが終われば国際学会です。できればそこで自分たちと似た研究をしている研究者を探しておくとよいでしょう。それが敵対的な研究者になるか、仲間になるかはわかりませんが、情報交換をすることは科学における健全な精神です。

 

最後に ~敵対候補と警戒していたら莫逆の友に~

最後にある知人の研究者から聞いたお話をご紹介します。その先生と全く同じ内容の臨床研究を行っている海外の研究室にいるある先生との逸話です。

その先生も海外の研究者の先生もその領域のtop journalに毎年のように掲載されていたそうです。

あるとき、その日本人研究者が国際会議の際に相手の研究者に話しかけに行ったそうです。そこでは非常に友好的な会話が繰り広げられ、熱い思いを持った研究者として、お互いすぐに打ち解けたそうです。いつしか話は共同研究に発展し、国際共同研究にこぎ着けることができました。こうして世界で最も大規模かつ貴重なコホート研究が実現したのでした。

敵対する研究者は時に自分たちの研究を妨害してくるような悪意を持ったレビューをしてくることもありますが、最後に紹介した逸話のようにさらに科学を発展させるきっかけともなりうるということは心に留めておくとよいでしょう。

投稿時に必要な書類の準備について

document_イラスト

ジャーナルへの投稿作業は近年電子化が進み、ほとんどのジャーナルでオンラインで行うことができるようになっています。本項では、オンライン投稿時に必要な書類を 中心に解説していきます。

 

論文をジャーナルに投稿する際に必要な書類とは

論文原稿(manuscript)だけではなく、利益相反申告、著者グループ全員の掲載許可、著作権譲渡などが含まれます。

(さらに…)

カバーレターについて

letter_イラスト

カバーレターは、研究論文を学術雑誌(ジャーナル)に投稿する際に、投稿者・著者と編集者(エディターまたはエディトリアル)が最初にコンタクトをする文書です。あなたの書いた論文が世に出るかどうかは、ジャーナルのエディターが採用してくれるかどうかにかかっています。

論文本体を書ききってやっと一息。「さて、では次は投稿だ!」となったとき、すでに論文本体に注力しきってしまったあなたには、このカバーレターを書くだけの心の余裕も労力も残っていないかもしれません。 (さらに…)

学会抄録の書き方について

学会報告や論文投稿の際に必ず必要になるのが抄録、つまりアブストラクトです。学術雑誌に論文を投稿する際は、査読者は抄録だけでなく論文本文も読むので採択する際の判断材料が多いですが、学会発表の際は学会抄録のみで採択を決めるため大変重要な存在です。今回の記事では、学会発表時に欠かせない、発表の顔とも言える学会抄録の書き方について詳述します。

 

学会抄録とは

学会抄録とは、一言でいうと研究内容を抜粋したものです。抄録は研究内容を決められた少ない文字数で論理的かつ明瞭に記述します。学会で研究の発表を行いたい場合、研究者はこの学会抄録を提出しなければなりません。学術雑誌では抄録と論文の両方を投稿するので掲載の判断材料は論文そのもののであるのに対し、学会発表では論文を提出することはまずないので、この学会抄録のみが評価材料になります。 (さらに…)

論文を投稿する際のルールについて

学術雑誌に論文が掲載されると、その実績が研究論文のデータベースに残り履歴書にも記載できることから、研究論文の執筆は研究者のキャリアアップにとって欠かせないことです。しかしいざ論文投稿に向けて研究計画書を書き、研究を行い、論文を投稿するとなると、目の前に立ちはだかる投稿規定の多さに愕然となるでしょう。 (さらに…)

総説の書き方について

総説論文とは特定の分野やトピックについて、過去に発表された文献や資料に基づき総括的に論評した種類のものを指します。一般的には、総説、レビュー、英語表記だとReview Articleなどと呼ばれています。関連文献をまとめた物であるので、二次的
(さらに…)