医学論文の英語校正ならジーニアスプラス

新着情報

図表の示し方

4400885_s優れた研究論文には印象深い図表があるものです。論文を読むときに、本文に目を通さず図表だけ読む、という人もいるくらいですから、非常に重要なセクションになります。今回は、その図表の示し方について説明したいと思います。

 

1.図表の役割

図表次第で、論文の説得力は全く違ったものになります。査読者や編集者の判断にも影響するでしょう。

特に、異なる分野の研究者が多く読むようなトップジャーナルに投稿するときは、一目で内容がわかり、 (さらに…)

「考察」の書き方

3246516_s今回は論文の「考察」(=discussion)の書き方についてです。いうまでもなく方法と結果が論文の中心的な存在ですが、考察は結果をまとめ、意味づけをする上で非常に重要な役割を果たします。段落ごとに役割を持たせることを意識するようにするとよいでしょう。

 

1.考察の段落構成

「考察」の段落構成は一般的には以下のように分けることが推奨されていることが多いです。

  • 第1段落:最も重要な情報のサマリー
  • 第2段落:関連する過去の研究結果との (さらに…)

「結果」の書き方

4244674_s

今回は論文におけるメインパートである「結果」についてです。結果の書き方のポイント、および各セクションにおける記載のポイントについて説明してみたいと思います。

 

1.「結果」パートの重要ポイント

論文の「結果」の記載のポイントは以下の2点になります。

  1. 事実と解釈を混同しないこと
  2. 全体の流れを意識して理路整然とまとめること (さらに…)

『方法(Methods)』の書き方

1830781_s論文の中で最も正確で詳細な記載が求められるのが方法、methodsセクションです。論文を書き始めるときに最初に取り組む部分と定めている研究者も少なくないと思いますが、今回はこの部分で記載すべきことをまとめてみました。 (さらに…)

『はじめに(introduction)』では何を書くのか?

958345_s 論文執筆の際、実は最も難しいといわれるセクションの1つが導入部、つまりintroductionと言われています。この部分では自分がどうして研究を行ったのか、理論的な背景を述べながら読者の興味をそそるような内容にする必要があります。

とはいえ奇をてらった書き方が求められているわけではなく、一定の手順、セオリーのようなものがあり、それに従って記載するだけで一定の質を担保できます。

今回の記事では、『はじめに(introduction)』をどのように記載するのかについて説明したいと思います。

 

1.『はじめに』で書く項目

冒頭でも述べたように、イントロ部分の役割は、なぜその研究を実施するに至ったのか、という経緯を説明することにあります。

巨人の肩の上にのる矮人」(きょじんのかたのうえにのるわいじん、ラテン語: nani gigantum umeris insidentes)という言葉を聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれません。 (さらに…)

原著を書く

4153947_s研究成果を発表するならば学会発表や商業誌ではなく、原著論文にこだわりたいものです。今回は、原著論文の構成についてご説明します。

 

1. 原著の構成

原著論文は、研究の背景や方法から考察まで、決められた約束に則ってもれなく記載する必要があります。

この「決められた約束」というのが、IMRAD方式と呼ばれる構成になります。

IMRADとは、 (さらに…)

抄録(要旨)の書き方

4128151_s

論文の内容を読者に効果的に伝えるには、まずは論文をうまく組み立てることが不可欠ですが、抄録にはそのエッセンスをいかにわかりやすく、そして魅力的に書けるかが重要です。しかし抄録(要旨)の書き方にも一定の約束があり、それを守って書くことが必要です。今回は抄録の書き方についてまとめました。

 

1. 抄録(要旨)とは

要旨(アブストラクト)とは、研究の背景や方法から結論まで、 (さらに…)

著者の決定

703825_l

医学論文においては、著者に誰の名を連ねるかということと、その順番を決めることというのは論文投稿をする際の隠れた難関であることがしばしばあります。内容に同意していたにもかかわらず順番が気に入らないということでいざこざが起こったりすることもあり得るため、できるだけ論文執筆の段階である程度きめておくことが望ましいです。遅くとも英文校正に出す前には決まっているべきでしょう。今回は誰を著者に加えるのか、そしてその順番や役割についてまとめてみました。 (さらに…)

タイトルページの書き方

4177351_s論文を執筆する際に、アブストラクトや本文の前に、「タイトルページ」というセクションがあります。論文の構成のなかでは目次の役割を果たします。

「なんだ目次ぐらい」

と思われがちですが、情報に不備があれば次のステップに進めませんので、まずこのTitle Pageをしっかり準備することが大切です。 (さらに…)

論文のレイアウトの組み方について

201803 2

研究が一段落し、結果をまとめることになり、いざ論文を書き始めようとすると、様々な”お作法”があることに気がつくと思います。知らずに進めてしまうと後から書き直しを余儀なくされてしまいますし、そのまま投稿するなどもってのほかです。そこで、本日は、論文レイアウトの”お作法”についてご紹介致します。

 

 

1.基本的なレイアウト

以下の様な約束ごとが暗黙のうち、 (さらに…)