医学論文の英語校正ならジーニアスプラス

医学論文のススメ

COLUMN

西洋科学的な発想を持つことのススメ

1246029_l

日本人とアメリカ人やヨーロッパ人との間の会話で、コミュニケーション上の大きな違いとして、結論を先に述べるか、長々と背景を説明した上で結論に到達するか、という違いがあります。

こうしたコミュニケーションの違いはアカデミックな世界にも反映され、国際共同研究で欧米の研究者とのやりとりをする際に問題になることがあります。またそれはコミュニケーションだけではなくプレゼンテーションや論文作成についても結論から述べていくスタイルが要求されます。

こうした文章の構成や順番が決まる背景には日本的発想と西洋的発想というのがありそうです。今回の記事ではこれらの違いについて述べていきたいと思います。

 

 

1.西洋的発想の科学→仮説の科学

「西洋的発想」とは書いていますが、現在のアカデミアの主流となっている思考様式と言えます。彼らには最初にストーリーがあります。そのストーリーというのはこれまでにその領域の科学が歩んできた道のりから必然的に導かれるものから、突飛なものまで様々なのですが、最初に到達点である仮説を呈示します。

この呈示された仮説は現在はまだ証明されていないものであり、実験や研究を実施することによって正しさが証明され、事実となる、という哲学に基づいています。

しかしこうした仮説に到達する方法は様々です。これまで築きあげられてきた科学的な事実に基づいて演繹的に到達するものや、断片的な実験結果や研究成果を元に帰納的に導き出されるものがあります。この仮説にたどり着くために鍵となるのは「適切な疑問を持つ」ことです。

すなわちそれは、現状が既存の理論体系で説明されないものに光を当てることで始まります。

オーストリア出身のイギリスの哲学者カール・ポパーは、科学の必要条件として「反証可能性」を挙げました。つまり、既存の科学理論というのは、「反証可能性を持つ仮説の集合体」である、という考えです。これが近現代の科学の飛躍的な発展を支えたと考えられています。

このように、現状が今の科学理論で説明されないことを認識し、それを適切な形で呈示、新たな理論の提唱、という形を取った上で研究を実施した、という体裁にすることが求められているのです。

現行の理論体系に挑戦するような科学的な発見をしていくことが真に科学の世界に貢献したと評価される世界なのです。

 

2.日本的発想の科学→テクノロジーの科学

上記の西洋的発想とは異なり、日本は目先の技術や小さな発見から徐々に積み上げていく、いわばボトムアップ方式といえるかもしれません。実際、そのようにして日々小さな発見をしていくことで大発見や大きな成果につながっていくのですが、西洋的な帰納法に近いのかもしれません。しかし彼らはあくまで「仮説」を立ててそれが当てはまるかを確認する作業を行っています。

昔から日本人は手先が器用といわれ、芸術作品への評価は世界的にも高かったと言えるでしょう。また、戦時下では下士官や兵卒が秀でていたこともよく知られています。その一方でリーダー層の評価がそれほど高くないといったことも無関係ではないかもしれません。

 

3.欧米の雑誌に投稿する場合

現在アカデミアの世界は西洋的発想が主流ですので、西洋式にあわせる必要があります。つまり、欧米系の雑誌へ投稿する際には彼らの発想に合わせて仮説を立ててそれを演繹するという流れがどうしても必要です。

しかしこれは決して我々日本人にできない話ではありません。ボトムアップ方式で帰納的に仮説を生成するところまで計画を練るという発想は、実は効率的に研究を実施する上で非常に役に立ちます。

また、論文を作成する上でも仮説を中心に書いていくことで思考が整理され、結論を先に述べるスタイルで文章を書いていくために文章を理解しやすいものにすることができます。

そして忘れてはいけないのは英文校正です。どうしても日本人である我々は結論に到達するまでに冗長な説明や文章構造になりがちです。こうした「クセ」を見破って自然な文章を書く上で、英文校正は大変協力な手助けとなります。

現行の理論体系に挑戦するような仮説を提唱し、その正しさを示して、皆さんの科学界における貢献を論文出版という形にしていきましょう。

論文の種類について

2252872_s

論文には様々な種類があります。一般的に論文投稿といえば原著論文がすぐに思い浮かびますが、それ以外にも様々な論文のスタイルがあります。それぞれについて簡単に説明していきたいと思います。

タイプ別の論文について

巻頭辞(Editorial)は、現在話題になっている、あるいは今後大きく議論されるであろうトピックや研究に言及した短い巻頭の論文です。主に特定の専門分野に精通する人が執筆しますが、学術雑誌の編集者や専門家の寄稿などによります。巻頭辞(editorial)は、包括的な立場で問題に言及しており、その大きな問題意識の中で掲載された論文の内容や方法などについて言及します。

原著(Original article)は、一般的にはintroduction, methods, results, discussion (IMRD)の形式に則ってまとめられたもので、主に臨床研究と基礎研究に分かれます。最も一般的な論文形式であり、所謂論文といった場合にはこの形式を指すことが多いです。症例報告やケースシリーズと異なり、複数の患者データを一般化し、真理を導くことを目指した論文となります。

症例報告(Case report)は、単一あるいは複数の患者の病気の診断や治療経過を詳細に報告したものになります。原著論文が一般的な事実を導き出すことを目指した論文であるのに対し、症例報告は、それぞれの症例の特徴を詳細に記述し、一般的な事実になる前の仮説を提唱したり、特別な事例の発表を通じて一般化しきれない個別事象に光を当てることを目的としています。

レター(Letter to the editor)は、出版されたばかりの論文に対し、内容や方法に反論をしたり、あるいは似たような事例を引き合いに出して編集部に対して提出する手紙のような論文です。このレターに関しては、出版されたばかりの論文の内容を支持するような他の事例を引き合いに出したりすることも含まれています。

総説(Review)は、編集部からの依頼や著者からの持ち込みにより執筆がなされる形式の論文で、新しいデータについて扱うのではなく、一つのテーマについて過去に発表された情報をまとめた論文。執筆する人のストーリーに合わせて構成されるNarrative reviewと、一定の規則に則って文献検索をしてそれについてまとめたsystematic reviewとがあります。

パースペクティブ(Perspective)は、分野の基本的概念や周知の知見に対する学術的レビューを行う論文です。基本的には、分野に関する一般論への個人的見解を述べたエッセイのようなものです。対象とする概念は、単独のものでも関連する複数のものでも構いません。

意見(Opinion)は、特定の先行研究による解釈や分析、メソッドに対して意見を述べます。先行研究の理論や仮説の強み、また欠点などを指摘します。このタイプの論文では、エビデンスに基づいた建設的な批評を行うのが一般的です。このような論文の存在によって、科学関連の問題に対する議論が活発になります。

コメンタリー(Commentary)は、既存の論文、書籍、レポートに注目を集めたり批評を加えたりするための小論文です。対象とする論文・書籍・レポートの興味深い点や、読むことでどのようなメリットがあるかを説明します。

書評(Book Reviews)は、そのジャーナルの読者層が興味を持ちそうな文献の書評のことです。一つの本や文献について扱うこともあれば、あるいは一つのテーマについていくつかの本をまとめて、それについて評論することもできます。雑誌編集部からの求めの場合にはあらかじめ指定された論文に基づいてかく場合もあります。

学会論文・抄録(Conference paper・Abstract)は一般的には学会発表のための抄録を指しますが、中には非常に採択率の低い場合があり、その場合には論文に匹敵するほどの評価を得る場合もあります。

訂正・撤回(Erratum・Retraction)は、論文の内容に誤りがあったとき発表するものです。訂正(erratum)は、正誤表のようなもので、論文の結果に影響を及ぼさない、些細ではあるものの重要なミスや見落としを、単純に訂正する場合に用いられます。正誤表は、誤りを正直に申告するものですが、すべての誤りが対象となるわけではありません。重要性が高いとはみなされないものもあるからです。例えば、重要度の低い単語の綴りのミスや、参考文献リストの誤りなどには、正誤表は適用されません。撤回(retraction)は、不正行為あるいは悪意はなくとも重大な誤りの結果として、研究の信頼性が疑われることになった場合に行われます。その結果として論文は撤回され、論文の内容は無効とされます。他の出版物からの引用許諾を得ていない論文や、非倫理的な研究とみなされた場合についても、撤回という形で処理されます。なお、論文を撤回する場合にはその理由も述べられます。

最後に

原著論文や症例報告などは多くの方が経験済みか、あるいはこれから投稿するところである可能性が高いと思います。しかし、review, perspective, opinion, commentaryなどの論文を書くには、分野への深い理解が必要です。自分に十分な知識が備わっていると判断できたなら、ぜひ執筆に挑戦してみるのはいかがでしょうか。

その際には英文校正が重要なステップになると思います。

雑誌の種類を把握しておこう

医学は専門分化が進み、様々な分野に及んでいます。それぞれの分野について、国内外問わず多くの種類の医学雑誌が刊行されています。米国のNational Library of Medicineの文献データベースであるPubmedからは、2020年現在、約30,000ものジャーナルから論文を検索可能です。基礎研究に特化したものから臨床研究に比重の置かれた雑誌に至るまで様々な論文を目にすることができます。

一方、国内の代表的な文献データベースである医学中央雑誌刊行会(医中誌)の検索画面からは国内の雑誌を中心として約7,500もの雑誌にアクセスできます。このデータベースには、学術雑誌だけでなく多くの商業雑誌も含まれています。
今回は、基礎研究・臨床研究別の雑誌の種類とともに学術誌・商業誌の違いについて説明していきます。

 

基礎研究 と 臨床研究

まずは世界五大医学雑誌と呼ばれる以下の論文は基礎研究も臨床研究も掲載されますが、臨床研究の記事を多く掲載しています。

  1. 『New England Journal of Medicine』 – マサチューセッツ内科外科学会が発行
  2. 『The Lancet』
  3. 『JAMA (Journal of the American Medical Association) 』 – 米国医師会が発行
  4. 『BMJ (British Medical Journal)』 – 英国医師会が発行
  5. 『Annals of Internal Medicine』 – 米国内科学会が発行

これらは分野を問わず掲載する総合誌になりますが、各分野のトップジャーナルとされるもの(『Blood』(造血器疾患)や『Circulation』(循環器疾患)など)が後に続く形になります。各分野のトップジャーナルは該当する学問分野と共に”journal”, “ranking”などと検索するとでてきます。するとimpact factorなどのcitationの基準の順に並んだリストを見ることができるでしょう。
是非はあるものの、impact factorを基準にジャーナルの価値判断がなされる風潮は未だ強く、上位の雑誌に掲載されることを目指して多くの研究者達は日夜研究に励んでいます。

これに対して、基礎研究は他の様々な分野と競いながら受理を勝ち取ることになりますが、『Nature』、『Science』、『Cell』を初めとして色々なレベルのラインナップが続きます。特に前2者は分子生物学に留まらず、物理学などの他分野も載りますので、より一層厳しい戦いになります。

また、Nature誌は姉妹紙として『Nature Medicine』、『Nature Genetics』、『Nature Methods』、『Nature Communications』などがありますが、いずれも一流誌と呼ばれます。
かつては基礎研究を中心に掲載する雑誌がhigh impactとされていましたが、New England Journal of Medicineを初めとする臨床系雑誌のが近年ではimpact factorが高い傾向にあります。

そしてこれらの有名医学雑誌は英語によって書かれていますので、英語が第二言語である我々日本人としては英文校正を適切に利用して正しい文章を書くようにしなければなりません。こうした一流誌では英文校正を経ない文章は門前払いを食らう可能性が高いです。

 

学術誌 と 商業誌

上記の雑誌は、「査読」というプロセスを経て出版に至ります。このとき査読の役割を担うのは同じ分野で研究をする他の研究者です。現場で働く人ももちろんですが、アカデミアに所属する多くの研究者は、まず学術誌への投稿を目指して研究を行うことが多いでしょう。

実際、博士などの学位を取得する際には査読付き学術誌の受理をもって審査対象となることがほとんどです。また、これらは学会が主体となって刊行している事も多く、学術界でのプレゼンスを高めるためには非常に重要な位置づけとなっています。

これに対して、多くの商業雑誌は、この査読のプロセスを経ることなく出版されます。厳密な意味での学術的公平性は査読を経る方が高いと考えられますが、商業雑誌にも数多くの利点があります。

  1. 専門家の監修に基づき、そのときのトレンドとなるテーマに沿ってまとめられている
  2. その道の専門家による叡智が学べる (Expert opinionの宝庫)
  3. 特に国内の実情を確認できる

しかし、次のような欠点もあり、注意が必要です。

  1. 異なる立場の専門家による監修が行われないために偏った内容になる可能性がある
  2. 研究方法の妥当性、信頼性が担保されにくい
  3. 世界標準から逸脱している可能性がある

これらの欠点は、利点として挙げたポイントを裏からみた評価になります。つまり査読の有無にかかわらず、その雑誌をどのように活用するかは読み手にかかっている、ということもできるかと思います。

 

まとめ

今回の記事では、医学雑誌の中の臨床・基礎研究に分けて主要な雑誌を紹介し、学術誌・商業誌の利点や欠点、使い分けについてまとめました。

近年では臨床系の学術誌のインパクトが増しており、そして総合誌の他に分野毎にジャーナルがいくつも存在しています。また、商業誌の利点・欠点を正しく理解し、そして正しく利用することが大事です。

覚えておきたい論文掲載の仕組み

実情

一口に医学雑誌といっても商用雑誌から学術雑誌に至るまで様々です。一般的にアカデミックな成果いう意味では、査読付きの学術雑誌に掲載されることが評価対象とされることが多いのですが、商業雑誌の価値が全くないという訳でもありません。今回は、査読という観点で医学雑誌を改めて分類し、その違いを説明しながら論文掲載に至る仕組みについて解説します。

そもそも査読とはなんでしょうか?
Peer reviewとも言われるこのプロセスは、論文を雑誌に掲載するかを決定する上で非常に大きな役割を果たします。なぜなら、その学問分野の専門家による評価が行われるからです。ある論文がジャーナルに掲載される価値があるかどうか、編集者が決定するのに役立っています。研究内容が世の中に与えうるインパクト、研究の質、結果の信頼性などを総合的に評価してジャーナルに採択されるわけです。 

ではまず、この査読プロセスを経ない雑誌について、その違いを見てみましょう。

 

非査読雑誌の代表、商業雑誌について

査読プロセスを経ることのない雑誌、多くは商業雑誌と呼ばれるものですが、これはその道の専門家による総説(narrative reviewと言われるもの)や特集などに合わせて代表となる専門家が、関係者にアナウンスして記事を寄せてもらったりすることが多いです。
この商業雑誌のよいところは、

  1. 専門家の監修のもとに読者が興味を持ちそうなテーマに沿ってまとめられている
  2. 必ずしもエビデンスベースではないにしても、その道の専門家による叡智が学べる
  3. 特に国内の実情に合わせたトレンドを確認できる

こうした点で商業雑誌も十分読み応えがあると言えます。しかし、その反面、次のような欠点もあります。

  1. 異なる立場の専門家による監修が行われないために偏った内容になる可能性がある
  2. 研究方法の妥当性、信頼性が担保されにくい
  3. 世界標準からかけ離れた内容になっている可能性がある

お気づきのように、これらは利点として挙げたポイントを別の見方でみた評価になります。つまりは査読の有無にかかわらず、その雑誌をどのように活用するかは読み手にかかっている、という見方もできるかと思います。
そして査読を要する医学雑誌の大半は今や英語によって書かれています。当然ながら母国語でない我々日本人にとっては英文校正を駆使して正しい文章を書くように心がけねばなりません。論文投稿規定にもそのように書かれていることがスタンダードです。

 

なぜ査読制度があるのか

査読の有無にかかわらず、読み手がその利用方法を考えるべきである、という一方で、やはり査読という手間のかかる工程を経るにはそれなりの理由があるからです。
一体どうして、査読制度というものがあるのでしょうか?

もともとは、投稿された論文は雑誌編集者によって掲載の可否が判断されていました。しかし、学問分野の専門分化が進み、論文数が増加するなかで、論文の選別の段階において各分野の専門家に関わってもらう必要が出てきたのです。しかしあくまで査読者は、研究の質については批評的に評価するだけであって、論文を最終的にアクセプトするか否かは、雑誌の編集者が判断するということです。

 

査読の方法

どのような査読が行われているかは、ジャーナルによって様々です。

  1. シングルブラインド:著者は誰が査読者かわからないが、査読者は誰が著者かわかっている
  2. ダブルブラインド:著者は誰が査読者かわからず、査読者も誰が著者かわからない
  3. オープン・ピアレビュー:著者、査読者とも相手が誰かわかる

などがよく知られていますが、時に出版後に査読することがあります。いずれにしても、査読の主たる目的は、研究の妥当性を確認し、その論文が科学的なインパクトを持つことを確認することです。

 

査読の問題点

査読のプロセスも完璧なものではありません。出版までに時間がかかる、査読者の個人的な意見により影響される、盗用(アイディア、内容、文章、グラフィックデザインなどを含む)の可能性がある、利益相反の恐れがあるといった問題点が指摘されています。また、査読自体は通常、研究者による善意かつ無償で行われるにもかかわらず、その手間や労力は無視できません。査読が無料で行われるべきものかという点で、研究者の見解は様々です。

 

まとめ

今回の記事では、医学雑誌の中の査読・非査読雑誌の利点欠点や使い分けとともに査読プロセスの現状と問題点についてまとめました。

査読は様々な問題点が指摘されてはいるものの、科学的な妥当性や信頼性を担保する最も強力な方法です。 
その一方で、査読のない商業雑誌も一定の利用価値を持つため、その利点と欠点を理解して利用するようにすることが大切です。

論文の雑誌掲載の実情について

実情

研究成果を残すという意味で、論文は最終的な目標地点になりますが、すべての研究論文が無事に受理されるわけではありません.

研究の世の中に対するインパクト、研究そのものの質、結果の頑健性・信頼性などを総合的に評価してジャーナルに採択されるわけですが、それ以外にも掲載に至るまでのプロセスに時間がかかる場合があります.

すべての論文が出版されるわけではない、その理由を、ジャーナル側の実情に合わせて述べていきたいと思います.

 

なぜ全ての論文が出版されないのか?

論文が出版にこぎつけるまでに、

  1. 編集部におけるチェック
  2. 査読
  3. 出版プロセス

の過程を経る必要があります. 編集部によるチェックでふるい落とされるものがかなり多いのが実情で、トップジャーナルでは3分の1程度(あるいはそれ以下)しか査読に回らないとも言われます.

また、編集部による確認を終えた後にも査読者がなかなか見つからないなどの問題があり、時間がかかります.

査読に回ったあとにも厳しいジャッジを受けます. 一流の雑誌であるNatureでは採択率は5%以下と言われています.

論文に掲載されない理由としては、論文も多すぎれば質を損ねる、ということがあると思われます. ジャーナル側としてはインパクトファクターを上げたいと考えていますので、出版後の2年間での被引用数が期待できないような、話題性の乏しい研究は採択率がどうしても下がりがちです.

つまり、論文出版に至る労力と、出版後の研究論文自体のインパクト(=購読者の増加に直結)によって数がある程度制限されてしまう、ということになります.

また、数が多すぎてしまうことで紙媒体のジャーナルは「印刷」という負荷を強いられることになります. このことも数を制限する理由の1つになりますが、eJournal、Open accessのオンライン出版に関してはこの点をクリアできることになります. Open accessの出版に関して障壁になるのは適切な査読者を無事に見つけることが困難になってきていることが原因と言われています.

実際、Open accessでは比較的歴史のある、とあるジャーナルに投稿した際、「2ヶ月で出版に至る」、といううたい文句であったにもかかわらず、2ヶ月経っても査読者を見つけることができなかった、ということがありました.

 

雑誌容量の限界

Open accessではあまり気にされることのない、雑誌容量ですが、冊子体になると話は別です.

ここには厳しい制限があります. あるジャーナルでは週に1冊発行しているのに対し、別のジャーナルでは2~3ヶ月に1冊発行している、といった具合に、ジャーナルによって発行頻度は異なりますが、冊子を手にしたときに掲載されている論文数を見れば自ずとその雑誌が処理できる論文数は限りがあることがわかるでしょう.

 

あなたの研究を掲載に至らせるために

このように、ジャーナル側の都合によっても掲載の上限がある程度決まってしまう、という現状の中で、いかにして論文を掲載してもらえるようになるか、というのは非常に重要な課題です.

日本の研究業績が世界からみて徐々にその順位を下げてきています. 対照的に中国が論文数、研究へのインパクトともに急激にそのプレゼンスを上げてきています.

研究に莫大な資金を投入し、研究者には論文出版に対するインセンティブを与えています. また、広大な国土、非常に多くの人口を抱えていることで研究対象者を容易に集めることができるなどという点からも今後もますますその存在感を増すことでしょう.

では我々に何ができるか. 日本人の緻密で丁寧な仕事には依然として高い評価を受けている印象があります. 自分達の研究の重要性を存分にアピールすることも重要です.

論文を投稿する際に添付するCover letterには自分の研究について簡潔・端的にアピールすることを許されています.

ここを疎かにしない、というのが1つのやり方です. 論文本文だけではなく、Cover letterにも力を注ぐこと、そしてできあがった文章に対して英文校正を行って読み手に不信感を抱かせないこと、ということも非常に重要です.

 

まとめ

今回の記事では、論文が掲載されないことの理由として、ジャーナル側の舞台裏から説明していきました.

ジャーナル側の門戸を通過するのに制限があるならば、自分の研究の重要性をしっかりと主張することが重要です.

入念な推敲と英文校正であなたの論文をアクセプトさせましょう.

研究、論文不正への対処

不正

あってはならないことではありますが、しかし研究を実施する人間は必ず肝に銘じておかねばならないことがあります。
それは、「研究不正」です。
故意に実行してしまう場合もあれば、全くの不注意でそのような事態に陥ることだってあり得ます。本項では、「研究不正」という落とし穴にいかにはまらないようにするためにどのような対策をとるべきかについて、考えてみたいと思います。

 

「研究不正」という名の落とし穴

「研究不正」

そう聞いて自分のこととして耳を傾けようとする人はそんなに多くないと思います。
人はみな、「自分は大丈夫」という根拠の希薄な自信を抱いているからです。自分は平均的な科学者であり、立身出世の欲も人並み、研究成果も人並みに出ればよい。
そう思っている人に対しても、この「研究不正」の落とし穴は待ち構えているのです。

例えばこんなケースを想像してみてください。

  1. 研究計画書を作成して倫理委員会に申請しないままに臨床研究を実施した
  2. 対象者からの同意書を保管していたがどこにあるかわからない
  3. 研究実施承認書が倫理委員会から発行されたことを認識していない
  4. 同じような内容の論文を別々のジャーナルに投稿した
  5. 利益相反に関する申告書類をここ数年ずっと更新していない

 

これらは直ちに重大な事が生じる訳ではないが、いつか手痛い仕打ちを受けることになる可能性のある行為をリストアップしています。
上記の状態に陥っていることを自覚しているならば、ただちに手立てを講じるべきです。

日本学術会議・科学倫理検討委員会(2009年)によれば以下の11項目が我が国で報告される研究不正の主なケースとのことです。

  1. データのねつ造
  2. データの改ざん(矛盾データの恣意的削除)
  3. 研究成果やアイデアの盗用、論文の剽窃
  4. 不適正なオーサーシップ
  5. 個人情報の不適切な扱い、プライパシーの侵害
  6. 研究資金の不正使用
  7. 論文の多重投稿
  8. 研究成果の紹介や研究費申請における過大表現
  9. 研究環境でのハラスメント
  10. 研究資金提供者の圧力による、研究方法や成果の変更
  11. 利益相反

うっかりでは済まされないのが研究不正です。研究計画書の申請書類一式、倫理委員会からの研究実施承認書、対象者からの同意書などの重要書類をしっかり管理することです。
研究テーマごとにフォルダを作成して鍵のかかるラックなどに入れて厳重に保管することが大切です。
特に個人情報を含むような書類の保管には細心の注意を払うべきです。

 

論文不正の「ネカト」

論文不正の中でも最もよく知られているものの頭文字を取っています。

それはすなわち、捏造(fabrication)・改ざん(falsification)・盗用(plagiarism)です。
英語の頭文字をとってFFPと呼ばれる事もあります。
前述の11項目のトップ3にあたりますが、ここでどういった意味なのか確認為ておきましょう。

  1. 捏造:事実でない事を事実のようにこしらえること。
  2. 改ざん:字句などを改めなおすこと。多く不当に改める場合に用いられる。
  3. 盗用:

このうち、論文作成時に不注意でやってしまう可能性があるのが「盗用」です。

 

わざとではないにしても

学術研究の公表をするに当たっては適切な参考文献の表示は必須です。しかしこのことと盗用あるいは剽窃は区別しなければいけません。
問題なのは「意図せぬ」盗用・剽窃です。
特に、英語を母国語としない研究者はなおさら注意が必要です。なぜなら、英語で書き記すのにうまく表現できないと、つい参考文献の表現をまねたくなります。
「まね」が行きすぎればコピー&ペーストに近い形になるかもしれません。
それにたとえ剽窃の意図がなくとも、出版済みの文章をそのままコピーすれば剽窃にあたります。

IT技術の進歩により情報入手が容易になりました。今や研究者はインターネット上で、他者の資料やデータを簡単に閲覧できるようになりました。
それが盗用・剽窃という行為を容易たらしめているとも言えます。

それは例え剽窃の意図がなかったとしても、部分的に同じ文章が出てきてしまう場合には盗用・剽窃と見なされ、学術界での皆さんの地位を脅かしてしまう可能性があるのです。
剽窃を簡単にチェックするツールが登場しましたので、論文投稿の前には必ず確認するようにするとよいでしょう。
また、剽窃の疑いあり、という判定が出た場合に似たような表現に変えたいとき、英文校正の業者にそのように要望として伝えると対応してくれます。

 

まとめ

このように研究不正とは、常に研究者のとなりにいるのです。故意にしても不注意にしてもこのようなことが明るみに出てしまえば研究者の輝かしい未来が台無しになってしまいます。
組織的に研究不正の対策に取り組んでいるCommittee on Publication Ethics (COPE)という団体があります。出版倫理のあらゆる局面、特に研究と出版の不正行為にどのように対処するべきかについての助言を提供し、また、会員向けに個々の事例を話し合うフォーラムも開催しています。興味がある方はWebsiteを覗いてみてはいかがでしょうか。

そもそもなぜ論文を書くのか

document_イラスト

毎年膨大な数の研究が実施され、それに関連した論文が次々に出ています。しかし「論文を書く」という行為の目的はいったい何なのでしょうか?本項では、そもそもなぜ論文を書くのか、考えてみたいと思います。

 

論文を書く目的

研究者として、自分の研究成果を論文に残すということは、承認要求に対する目に見える答えという点で、研究者自身の本質的な欲求に近いものだと思います。
しかしなぜわざわざお金をかけて英文校正に出して、掲載料を払ったりしてまでして論文を書くのでしょうか?
エビデンスに基づく医療を提供するためにというのが最も大切な目的でしょう。
しかし、読まれてナンボ、という世界でもあるので、できるだけその分野の多くの人の目に触れるようなトップジャーナルに掲載されることを目標にするわけです。
そしていつしかそのことが目的に変わってしまうことがあります。ただ漠然と、

エビデンスに基づく医療のために

といわれてもどんなエビデンスを提供しうるのか、そこからまずは整理してみましょう。

 

  1. 新しい治療法の効果を検証する
  2. 疾患の発症や進行の要因となるものを明らかにする
  3. 新しい診断方法の精度を評価する
  4. 治療法のリスクとベネフィット(費用対効果など)を評価する

 

こういったところを原著論文では明らかにしていくのですが、非常に珍しい疾患、経過をたどった疾患、あるいは(たまたまかもしれないが)うまくいった症例などに関して、個別性の高い症例報告も重要なエビデンスを提供してくれます。
原著論文では大勢の患者さんのデータを使って一般化していく作業ではありますが、個々の患者さんを診ているときに得られた知見を一般化していくフェーズでもあります。
このようにして有益な情報を医療の現場に還元することができれば研究者冥利に尽きる、という話ですが、実際にはいろいろな邪なモチベーションが働くものです。

 

目的から手段に…

現場に還元できる知見を発表することは、なかなかできるものではない、という現実があります。

  1. High impact journalに掲載することが目的となる
  2. 結果の出そうなテーマに飛びついて研究を開始する
  3. 結果の重要性よりも論文数、業績を重視する

 

これらは明らかに悪いことではありません。現実には多くの研究施設で日常的になっていることも事実です。
しかし、上記の状態に陥っていることを自覚している場合と、無自覚でいるのとでは大きく異なると思われます。

 

原則としてすべて出版されるべき

このことの弊害として言われていることの一つとして、結果が未公表なランダム化比較試験が非常に多い、ということがあります。
一つの介入研究を実施するには計画段階から考えると「億」単位のお金が動きます。例えば新規薬剤の効果を示すための研究を行ったとき、その結果が芳しくない場合、推奨薬剤として世の中に認めてもらえないことになります。
そこでその結果を敢えて報告しない、というプラクティスが起こりえます。
そして臨床研究の90%を占める非介入研究においてはなおさらそういった傾向がありうるだろう、という状況は想像に難くはありません。これは出版バイアスと呼ばれます。
近年ではClinical trialを登録しておくシステムが普及し、そういったシステムに事前に登録したものでなければ介入研究の論文を受け付けないジャーナルが増えてきました。
しかしそれは主に介入研究や前向き観察研究にとどまり、研究全体をカバーするところまではいきません。また国によっても考え方が違うということもあり、全世界的に広まっているというわけでもありません。
近年わが国においても、ガイドラインを作成する際には、システマティックレビューを実施する、という学術団体が増えています。そのシステマティックレビューの方法論として、出版バイアスを疑えるような手法もありますが完全なものではありません。

つまりは研究者自身の良心にゆだねられる部分であるといえます。

 

最後に

いかがでしたでしょうか?論文を書く目的について、深く考える機会がなかった方にとってはじっくりと考える良い機会になったのではないでしょうか。ともすれば我々研究者は本来の目的である、良質なエビデンスを医療に提供するということを忘れがちです。無自覚でそれを行うことはいつか目に見える形で我々人類がその被害を被るかもしれない、という広い視点で物事を考える必要があるのではないでしょうか。

“成功する”論文作成のワザ

成功1

自分自身の研究成果を世の中に向けて発信する手段として、学術論文というのは非常に価値があります。学会発表では多くの場合は紙面の形で残るのはごく一部ですし、何よりも論文は査読のプロセスを経てきちんと「審査」を受けてから世の中に出ます。さらに、Pubmedなどに半永久的に残ることも論文にする利点です。しかし、1つの論文を作り上げるまでに非常に多くの苦労を経なければならず、なかなか重い腰が上がらないという人もいるでしょう。今回は、いかにして質の高い論文を数多く世の中に発信できるようになるかについて書かせていただきます。

論文を量産するコツ

質の高い論文を数多く世の中に発信する、とはいっても書かなければ始まりません。
研究を計画し、実施し、学会発表を経て最後は論文にするという流れを作り上げることが大切です。

論文を量産するコツとして

  • 「書くこと」に慣れる
  • 他の人に読んでもらう(=読んでくれる人を見つける)
  • 「論文作成のタイミング」を外さない

以上の3つを順に解説していきます。

 

「書くこと」に慣れる

一言で書くことに慣れろ、と言われても大体においてその一歩が踏み出せずにいることが多いと思います。どうしたら書き始められるでしょうか?

文章を完成させるときには、完璧主義ではじめないことがポイントです。 つまり、はじめから細部にこだわりすぎないことです。そして、大雑把でもいいのでできるだけ早く最後まで書き切ることが鍵です。

そして、1日に10分でいいので書きかけの論文に手を入れるようにします。作業は何でもよいのです。タイトルを考える、著者のリストを作る、参考文献リストを見直す、Tableのレイアウトを見直すなど、やれることはいくらでもあります。

10分のつもりではじめても、2~3回に1回くらいはもう少し踏み込んでやってみるか、と思えるものです。頭脳を使う度合いが最も大きいのはintroductionとdiscussionです。ここは少しまとまった時間を割けるようにするとよいでしょう。

materials and methods, resultsは計画段階あるいは解析をしているときに少しずつ書きためておくとよいでしょう。

このように、論文作成は、幾重にも塗り重ねるような方式で少しずつ完成度を高めていくように作っていくのがコツです。

 

他の人に読んでもらう

大学や研究所などではよき指導者に巡り会えれば、その人と何度も往復書簡を交わしてブラッシュアップをしていくことができます。

そういった恵まれた環境にいなくても近年ではSNSで研究のメンターを探したりすることができます。研究計画の立案から論文作成に至るステップを順番にコーチングしてもらうことができ、メンターとなった側も指導の経験を積めて研究業績を積むことができます。

そうしたメンターとの間で論文原稿を何度も往復しながら完成させていきます。

論文全体の論旨の整合性などを確認していきながら文章自体を洗練させていく、というこのプロセスからは、非常に多くの学びを得ることができます。

また、当然ながら最終的には英文校正に提出して言語を確認しますが、内容を曖昧にしたまま提出することのないように、しっかりと内容を吟味した上で提出しましょう。

 

論文をどのタイミングで書くのか

研究を計画し、実施し、学会で発表するところまでは行けても論文にするとなるとまた多大な労力を要します。

なかなか論文を書けない、という人の中には、学会で発表するところで満足してしまっている方も少なくはないのではないでしょうか?

ベストな論文作成時期というのは、学会の抄録を作るときです。

論文を作るのと学会発表するのは実は多くの部分で作業が重なります。つまりここで同時に片付けてしまうのが一番効率的なのです。

さらに、論文作成と学会準備を重ねることには以下のような利点があります。

  • 内容を深く理解した状態で学会を迎えることになり、自信を持って発表できる
  • 学会での想定問答や、実際の質疑応答がDiscussionを書く際の参考になる
  • 学会発表時のアイディアを他人に実行に移されても先んじられるリスクは低い
  • 学会でミスを指摘されても論文にする前であれば修正が容易である

そして最も重要な点として、学会発表を終えてから論文を書いていると、つい書き始めるのが億劫になって書かなくなってしまうことがある、というのも生産性を上げられない理由の1つになります。

 

まとめ

質の高い論文を量産するコツについて述べてきました。

まず全体を俯瞰するような概略的な論文原稿を作成し、徐々に完成度を高めていくように、そしてとにかく毎日少しずつ作業を進めること、またよき助言者に出合うことが鍵となります。

さらに、研究には終わりがありませんが、学会発表の準備とともに論文作成を並行して進めるようにすると生産性を上げることができます。

あなたの研究を世界に向けて発信するために、効率よく、論文を量産していってください。

論文を書く際のご法度

ご法度表現

学術論文を書く際に、「やってはいけないこと」がいくつかあります。これらは明らかに処罰の対象となるものから処罰の対象ではないが査読の際に致命傷となるものまで様々なレベルで存在しています。今回は、いかにして「やってはいけない」を回避するかついて書かせていただきます。

4つの「ご法度」

特に正式な指針としてまとまっている訳ではありませんが、時々出くわす致命的な過ちをご紹介します。

  1. 剽窃・盗用 → 絶対禁忌!
  2. 不適切な表現方法
  3. 不確かな根拠に基づく主張
  4. 一貫性のない論旨

以上の4つを順に解説していきます。

 

剽窃・盗用

剽窃・盗用とは、他の論文などを許可なく使用し、自分のものとして発表することをいいます。意図的であるかは関係なく、自分自身の過去の論文等の利用でさえ含まれます。学術的かつ倫理的に重大なルール違反であり、発覚した際に論文の撤回や執筆者の信用失墜を招きかねません。

意図せぬ剽窃として起こるのは、英語論文を書く際に適切な参照をしているにもかかわらず、文章を書き起こす際にほとんどコピー&ペーストしてしまう、などの行為に起因するものです。

まずは意図しない剽窃・盗用を予防することが大事です。そのため、引用した文献と同じ文章になっていないかを確認しましょう。また、今は剽窃チェックツールを論文作成後に投稿するときに同時に提出を求める場合もあります。

 

不適切な表現

表現の適切さは、①科学的な妥当性とともに、②弱者やマイノリティに対する倫理的な配慮の観点から決まります。

科学的な妥当性は、研究者が意図した通りに読者に理解してもらうために重要です。つまり、きちんとした定義に基づいた用語を用いることが大事です。多義的な言葉の使い方はご法度です。

文学作品などにおいては繰り返しの同一表現を避ける傾向にありますが、そのようなことは学術論文で行うことは適切ではありません。読み手に正しく理解してもらうこと、それが最も重要なのです。

次に、倫理的な配慮ですが、ポイントを一言で言えば差別的な表現は避けるです。学会などでも避けるべき表現などとして情報を公開している場合もあるため、自身の研究分野における用語の使い方については確認しておくとよいでしょう。

例えば日本語では自然に使用されることが多いと思われる、「X病患者」という表現ですが、英語では「X病を持った患者/人々」ということで、“Patients with X disease”などと表現することが推奨されています。

例:

  • Diabetic patients -> Patients with diabetes mellitus
  • Dialysis patients -> Patients on dialysis

などです。

 

不確かな根拠に基づく主張

論文のDiscussionの部分では結果に基づく解釈を元に、主張することが求められます。ところが、そこまでの論拠はないにもかかわらず堂々と主張する研究者がいますが、これはご法度です。

あるいは、事実に基づかない、不確かな情報源から得た情報を元に論を展開するのもご法度です。必ず論文を書く際には自身の研究結果または確かな情報源に基づいた既存の事実をベースに主張をしているかについて、しっかりと見直すことが大事です。

 

一貫性のない論旨

「論文の論旨が書いている途中で徐々に変わっていってしまう」

そんな経験はないでしょうか?夢中で書いていると頭の中で思考がある程度まとまってくるのですが、最初に考えていたことから徐々にずれてしまうことがあります。常に論文全体の流れを意識することが重要です。

Introductionの最終部分に研究の目的を記載しますが、これは伏線であり、結論部分ではその伏線を回収する、という意識です。

そのためには、IntroductionとDiscussionは常にセットという意識を持つとよいでしょう。つまり、論文を書く際にもこれらのセクションはセットで執筆をする、ということです。

 

まとめ

今回は論文作成におけるご法度について述べてきました。剽窃・盗用、差別的表現は時に研究者のキャリアそのものを脅かすことになりかねないため、十分に注意をすべきです。そして当たり前のこととして、論文は妥当な研究結果、既存の事実に基づいた、首尾一貫した論旨を保って記載するように心がけるようにしましょう。

特に英語表現として、不適切な表現になるのかどうかについては英文校正を活用するのがよいでしょう。文法やコロケーション以外にも、用語の使い方などについても確認してもらういい機会となるはずです。

あなたの研究を適切に世界に向けて発信するために、上記の点に十分注意しながら執筆を継続していきましょう。

どのような論文が雑誌掲載不可となるのか?

掲載拒否

苦労して書き上げた論文を投稿したあと、最初に待ち受けるのは「即リジェクト」です。
雑誌の編集部が掲載可否の判断のためのPeer reviewの過程に回す必要すら無いと判断された、門前払いをくらった、ということで悲観的になってしまうものです。
しかし、大前提として、その論文が投稿するための条件を満たしていたでしょうか?今回は、どのような論文が掲載不可と即断されるのかについて書かせていただきます。

査読に回らずに掲載不可となる主な理由

論文が門前払いを食らってしまう理由はいくつかあります。

  • 必要書類が提出されていない
  • 雑誌の掲載分野外である
  • 研究の「事前登録」の記載がない

以上の3つを順に解説していきます。

 

必要書類が提出されていない

以前にも別の記事でご紹介しましたが、論文提出時にジャーナル側に提出すべき書類がいくつかあります。

  1. 論文原稿(Manuscript)
  2. 図表(特に画素数の大きな画像については論文本文とは別に投稿することが求められる)
  3. カバーレター
  4. 利益相反申告
  5. 著者の掲載許可(直筆サインや印鑑が求められることが多い)
  6. 著作権譲渡(受理後に記入することも多い)

これらの書類が揃っていなければ当然即リジェクトを受けても文句は言えません。必要な手続きがいい加減なままであれば、論文の中身までいい加減だ、と判断されかねないのです。そしてこれは簡単に予防可能です。

 

雑誌の掲載分野外である

雑誌のタイトルからだけでは掲載分野が正しく理解できないことがあります。

学術雑誌の場合はそういうことが生じないように、投稿規定などにその雑誌のスコープを掲載いている場合がありますので、必ず確認しておきましょう。また、投稿を考えている雑誌のアーカイブを参照してタイトルだけでも確認しておくとよいでしょう。

あるいは、大手の出版会社では、タイトルやアブストラクトの情報を入れるだけで機械的な判定で投稿に適したジャーナルを提案してくれるようなシステムを整えているところもあります。

それでも既存のスコープに当てはまらない、全く新規性のある研究であると、適切なジャーナルを選択するのが困難な場合があります。そうした場合にはまず投稿してみること、そしてカバーレターにしっかりとそのジャーナルへの投稿した理由を記載しておくとよいでしょう。

 

研究の「事前登録」の記載がない

特に臨床研究で実際の患者さんを対象とするような研究を計画する場合、倫理審査などを通じて研究実施を承認してもらう必要があります。また、前向きに診療情報を収集するようなケースにおいては、前もってClinical trial registryに登録することが求められますので、研究を実施する際、あるいは計画段階でそうしたレジストリへの登録するかどうかについても研究グループ内でコンセンサスを得ておく必要があります。

我が国には、日本の大学病院と医学生物学研究者向けの情報ネットワークである、大学病院医療情報ネットワーク(だいがくびょういんいりょうネットワーク、University hospital Medical Information Network (UMIN))や財団法人日本医薬情報センターが運営するウェブサイト「臨床試験情報データベース(JapicCTI)」がありますし、アメリカでしたら米国国立医学図書館が管理するウェブサイト“ClinicalTrials.gov”、欧州では欧州医薬品庁が管理するウェブサイト“EU Clinical Trials Register”がそれぞれ利用可能です。

こうした条件が投稿規定の中に明記されていることが多く、また、電子投稿の段階で前向きデータの利用を選択した段階でレジストリへの登録状況を自動的に問うてくる場合も多いため、投稿すらできない、ということもあります。

 

まとめ

今回はどのような論文が掲載不可となるかについてまとめました。

これらのことは研究の計画段階で留意すべきことも含みますので、研究グループ内でしっかりと合意を形成しておくことが望まれます。

言うまでもないことかもしれませんが、投稿に際して必要な書類を整えない、投稿規定を守らない、という行為は研究自体の信頼性も失墜させかねませんので、用意周到で投稿作業を行うことを心がけましょう。

また、上記には含めませんでしたが、英文の質にも気を配るべきです。これらはよほど目立った文法、コロケーション、語彙のミスがなければよいと思われがちですが(あれば即リジェクトにもなりかねません)、細かなミスの積み重ねで査読者の心象を悪くする可能性がありますので、英文校正を行っておくことをお勧めします。