医学論文の英語校正ならジーニアスプラス

医学論文のススメ

COLUMN

分業化のススメ

4092335_s近年は研究の内容が高度になってきただけでなく、研究を実施する前の準備段階でも、そして解析を行う段階においても、非常に高度なことを要求されます。

研究者が一人で頑張っても限界があります。そこで、色々なことを分業で進めていくことを考えてみてはいかがでしょうか?

今回は、研究実施~論文作成に至る過程を分業することをテーマにお話ししたいと思います。

 

1.人それぞれの得意分野を生かす

どんな人であっても、持っている能力は一様ではありません。それぞれ得意なことがあるはずです。それを活かさない手はありません。

次のような人材がいるかもしれません。

<!–more–>

1.アイデアを出すのが得意な人

研究においては着想が最も重要です。

着想は「誰も気が付かなかったこと」が話題にのぼりがちですが、突拍子もないことをいくら唱えても誰も見向きもしてくれません

今の研究のトレンドを的確に押さえる必要があります。

未知のことに挑むということは、すでに知られていることに精通することと同じです。

大きな流れの中で、何が足かせとなって研究が進まなかったのか、正しく理解することが第一歩です。

次に、それを解決するための手立てをどれだけ考えられるか、がカギになります。これまで誰も解決できなかったことに挑むのですから、大変なことです。

解決方法はこれまでの研究の延長にはないかもしれません。とても遠い領域、一見何の関係もないところからヒントを得たりすることがあります。

しかしそれもすでに誰かがやっていることだったりするのです。それを知っているかどうかは、普段どれだけいろいろなことに興味を持ち、アンテナを張っているかにかかっています。

新しい方法に目を付けたらそれに詳しい人につないでもらうこともあります。そういった詳しい人とのディスカッションを通じて具体的な研究に対するイメージを膨らませて、実現につなげることが大切です。

 

2.科学研究費などを取得するのが得意な人

研究を行うためには資金の獲得は不可欠です。日本学術振興会の科学研究費などが代表的な資金源になると思いますが、申請書類の作成をする必要があります。その申請書類の準備だけで論文を執筆するくらいの労力が必要です。

申請書の書き方も特殊です。毎年のように受理されて資金を獲得している人と、なかなか資金を獲得できない人がいます。

書類の書き方にコツが必要なのです。アイディアを別の人にわかってもらう必要があります。

そういうことができなければ資金を獲得することはできません。

研究費を海外に求める場合もあるかもしれません。その場合には英語で記載する必要があります。(当然、正しい英語で記載する必要がありますので、書き終えた後にはきちんと英文校正に提出することをお勧めします。)

 

3.臨床の得意な人

医学論文の読者は研究者だけでなく、臨床医も大勢います。研究者の独りよがりな内容では雑誌に掲載してもらうことも難しいでしょう。

臨床のバックグラウンドを持つ人に、研究が持つ意義を整理してもらうとよいでしょう。

そうすることであなたの研究の価値は何倍にもなります。

臨床医から意見をもらうのはどんなときがよいでしょうか?

研究のアイディアを生み出す段階でも、研究費を獲得する段階でも、そして論文作成する段階でも必要、というのが答えになります。

 

4.データを正確に取得して記載するのが得意な人

医学研究だけでなく、その他の多くの研究において、データの正確性は近年ますます重要視されるようになってきました。

データを正しく記入したり、他の人が入力したデータをチェックしたりする人の役割は非常に重要です。

臨床試験を担当する部門がある施設ならばそういった部門に依頼すればよいのかもしれませんが、そういった人がいなければ自分たちで行わなければなりません。

なお、Electric data capture (EDC)という、電子的な症例登録システムを使うことでデータの正確な入力を促すような仕組みを最初に設定することもできます。

入力するデータの入力規則をあらかじめ設定したり、入力したデータ同士の関係から矛盾や齟齬が生じないような仕組みを整えたりといろいろなことができます。

 

5.統計処理が得意な人

集めてきたデータを解析するのも、やはり得意人がいれば任せたいところです。

様々な統計手法が生み出されてそれを正確にcatch upすることはとても難しいことです。

また、間違った統計の使い方をしていることもあります。そこで、統計解析に精通した人に関与してもらうのが良いと思います。

できれば研究を開始する時点で関わってもらうのが良いです。

どのくらいのサンプル数で研究をするのが適切なのか、データの取得方法はどのようにするのか(身長や体重などを連続した数値として得るのか、カテゴリー変数として得るのか、といったこと)、といったところまで細かく相談しておいたほうが後々問題になることが少ないでしょう。

 

2.他の研究者との共同研究

最後に、他の施設、他の領域との共同研究を積極的に考えるべき、という点を強調したいと思います。

研究アイディアが外に漏れることを恐れて内向きな研究になってしまいがちですが、実際にはそんなことを気にするよりも様々なアイディアをオープンに議論する雰囲気作りに重きを置いた方が良い場合があります。

そんな時、これまで全く知らなかった新しい領域、未知の領域の研究者と知り合いになり、一緒に研究をしてみるとよいと思います。

お互いにアイディア、知識を共有して化学反応が起こしましょう!

 

まとめ

研究分野がますます細分化していく中で、効率的に研究プロジェクトを動かすためには得意な人に得意なことを任せること、そしてプロジェクト全体を研究代表者はきちんと監督することが大事です。

そして大事なことは、分業化したあとも相互に議論を深めることです。そうすることで研究の内容はさらに深まることでしょう。

雑誌掲載不可の結果にショックを受けているあなたに

5002321_s論文を頑張って投稿したあと、リジェクトされると非常にショックを受けると思います。しばらく立ち直れないことだってあります。

しかしそれでもせっかく行った研究ですから、ジャーナルに掲載されたいですよね。

今回は、リジェクトを受けた論文をどうしたらよいか、考えてみたいと思います。

 

1.リジェクトされた理由をじっくり考えてみる

まず、一生懸命に実施した研究であっても、残念ながらリジェクトされることは多々あります。アクセプトされるよりもリジェクトされるほうが圧倒的に多い、それが普通です。

<!–more–>

しかし、その論文がリジェクトされるには理由があるはずです。

  1. 研究の着想のポイントが現在の研究のトレンドにあっていなかった
  2. データのとり方がよくなかった
  3. データの解析方法に問題があった
  4. 解析結果の解釈に問題があった
  5. 投稿するジャーナルのスコープ外だった
  6. 投稿に必要な要件を満たしていなかった
  7. 研究倫理その他、研究実施のための要件を満たしていなかった
  8. 文章のクオリティに問題があった

などが挙げられるのですが、このうち1については結果の解釈の方向性によっては一定の意義を見出すことは可能かもしれないので、あきらめるにはまだ早いでしょう。研究実施の要件として、研究倫理などを満たしていない場合には致命的です。そもそも承認を得た研究でなければ実施すらしてはいけません。

 

2.結果を受け止めて論文を修正する

しかしたいていはこれらのことはクリアして研究を実施していることと思いますので、いかにして修正できるポイントを探すことができるかがカギとなります。

自分が心血注いだ研究ですから、まずは自分の研究にこだわって、いかにして世に出すことができるかを真摯に、謙虚に考え尽くすことがまずは重要です。

リジェクトを知らせるメールや、運よくレビュアーからコメントをもらっていれば、ぜひじっくりと読むようにしてください。そこにはその論文がアクセプトされるために必要なポイントが書き連ねられていることでしょう。

これらのコメントを真摯に受け止めること、修正できるポイントは修正して次に臨むことが大切です。

しかし、致命的なミスを犯してしまっている場合にはその限りではありません。時には潔くあきらめるしかないこともあります。

できるだけそのようなミスを犯さないように、事前にしっかりと計画を練っておくことは最低限必要でしょう。

 

3.いずれはどこかの雑誌には掲載されるはず

内容に偽りがなく、正しい研究を行っている限りはどこかの雑誌に掲載されるはず、という信念を持ちましょう。

文章のクオリティに問題があったのであれば、英文校正に出すなどして質を上げることで対応できます。

研究のトレンドを押さえた研究ではない、などの状況であれば、もう一度先行する論文をじっくりと読み込んでみることです。

時々その領域の専門誌に、Perspective, Commentaryなどの形でその領域の未解決課題がまとめられていることがあります。それに合致した研究に近い内容であればしめたものです。

解析内容に問題があればもう一度専門家に相談してみましょう。この段階で相談されることを統計家はあまり好まないでしょうが、どこに問題があったのか、致命的なデータ収集上の欠陥だったのか、あるいは別の方法で代替可能なのか、意見を聴いてみるのは悪くないでしょう。

 

4.少し”ランクが下”の雑誌を探してみては?

勇気がいることかもしれませんが、先に投稿したジャーナルよりもランクを落として掲載を目指すこともあり得ます。

自分の研究に思い入れや愛着があるかもしれませんが、早く世の中に出すことを優先する、という考え方もあるでしょう。

トップジャーナルへのアクセプトがかなわなかったとしても、別の雑誌で引用回数が多ければそのジャーナルごと価値を上げることに貢献できます。

目当てのジャーナルへのアクセプトに時間を費やすよりも、早く情報発信して大勢の人に引用してもらうことを優先するほうが結果的にはよいこともあるということです。

 

5.自信を持って投稿しよう

最後に最も大切なことは、自分の研究内容に見合った自信を持つことです。

自分が今までわかっていなかったことを明らかにしたのだ、ということに自信が持てるようなそんな内容の論文になっているかどうかを確認しましょう。

日本人は謙虚に黙々と努力を続けることを美徳としがちですが、それでは世界と戦うことはできません。

自分の研究に自信を持つこと、それを堂々と発信することを意識してみましょう。それだけでも論文の論調は変わるはずです。

 

さいごに

リジェクトの通知を受けた直後はショックでしょうが、先に進むためには内容をもう一度見つめ直すこと、そして修正後に速やかに再度別のジャーナルに投稿を進めることが重要です。英文のクオリティに自信がなければ、必ず英文校正をうけるようにしましょう。

論文執筆の上達法

2538246_s論文執筆はとてつもない労力が必要ですが、年間に何十本もの論文執筆をこなす人がいます。そして書き慣れている「達人」たちは、文章が安定していて読みやすいという特徴があります。今回は、そんな論文執筆の達人がどのように上達させてきたかについてのお話をしたいと思います。

 

 

1.まずは書くことに慣れる

言うまでも無く、論文の達人たちは、数多くの論文を書いています。達人だからたくさん書くことができることは間違いありませんが、最初からたくさん書けたわけではありません。 (さらに…)

論文の執筆に一生懸命になりすぎて、ついやってしまいがちなご法度表現

5194615_s研究成果をまとめて論文にまとめる段階では、研究を実施するときはまた異なる難しさに直面します。今回は、研究成果をまとめて世に出す際にやってしまいがちな御法度表現についてまとめてみました。

 

1.自分が理解できないことは書かない

当然のことですが、論文を執筆する際には自分が実施してきたことをその通りに記載することが基本です。

自分が理解できないままに研究を実施することというのは理論的にはあり得ないはずですが、難しい実験理論、解析手法などについては理解が及ばない部分がでてくるかもしれません。 (さらに…)

論文が雑誌掲載不可になってしまう避けたいミス

4878989_s論文を投稿すると、編集部でのチェックを経て査読に回るか、著者に差し戻されるか、即リジェクトを受けるかのいずれかになります。そして、この「即リジェクト」の中には、研究や論文の質以前の問題が含まれています。今回はそのような問題について説明したいと思います。

 

査読もなしで掲載不可になってしまう論文とは?

査読以前に、研究として問題がある場合があります。研究実施前の手続きをしっかりと確認しておく必要があります。特に昨今では、公正公明、透明性が求められています。

 

倫理事項に関する記載に不備がある

特に人や動物を対象とする研究を実施する上では、特別な倫理審査を受ける (さらに…)

別刷り請求とオープンアクセスで気をつけなければいけないこと

4809747_l論文を書き上げたら、せっかくの成果ですから世の中の人に少しでも知ってもらいたいですね。そこで、自分の論文をどこまで共有できるのか、著作権に問題がないのか、について説明したいと思います。

 

1.別刷り請求とは

論文の「別刷り請求」とはいったい何でしょうか?

投稿した論文の出版が決まった後に、出版社に注文しておくと、自分の論文のページだけが印刷されたものを冊子として何部でも購入することができます。

これを「別刷り(offprint)」と呼びます。

大学や研究機関に所属している場合には論文を入手するのは比較的容易ですが、そうではない場合に、費用を抑えて本文を入手する方法としてこの「別刷り請求」という慣習があるのです。

具体的には、論文の著者の誰かに論文のコピーをくださいとお願いすることを指します。

かつてはこのように小冊子となった別刷りをわざわざ著者が注文しておいて別刷りをリクエストされたときに嬉々として送ったり (さらに…)

いまさら人に聞けない編集者のチェックポイント

4986370_s提出された論文を、編集者たちはどのようにチェックして査読に回しているのでしょうか。そして査読結果をうけて編集者としてどのように受理・不受理の判断を下しているのでしょうか?今回は編集者目線で論文のチェックポイントをご紹介してみたいと思います。

 

1.論文の質をどう判断している?

編集部には連日多くの論文原稿が届きます。それらを一つ一つ隅々まで確認して査読に回しているのかというと、そうでもありません。

査読に回す前にいくつかのチェックポイントを設けて一次審査という (さらに…)

論文掲載が決定した後の手続きで知っておかなければならないこと

979471_s苦労して書いてきた論文が、ついにアクセプトされ、掲載が決定した後はどのようなプロセスを経ていくのでしょうか。編集部からの連絡をうけてからの流れを説明していきたいと思います。

 

1.雑誌編集部から論文の受理の連絡が来た後

査読に関するやり取りを終えた後に、雑誌編集部から論文受理の決定に関する連絡が来ます。

その後、投稿者にとっては以下のようなことを求められます。

投稿前よりタイトなスケジュールが要求されることが多いので、集中して取り組むことが重要です。

 

1.License Agreement

ひとつ目は、著者の全員に出版に関する同意を得るプロセスです。論文の内容として (さらに…)

よい査読とよくない査読

2049016_sジャーナルへの投稿を済ませ、数週間がたち、ようやく査読結果がやってきました。査読内容を確認するときが最も緊張する瞬間なのではないでしょうか?しかしその査読にも善し悪しがあります。今回は、よい査読とよくない査読の特徴をまとめてみます。いずれにしてもきちんと対応しなければなりませんので、その対応の仕方についても触れてみたいと思います。

 

1.論文の査読とは

論文査読というのは、投稿された論文に対して同じ領域の別の研究者が内容をジャッジするものであり、科学的な合理性、目的の明瞭性、方法の妥当性、結果の新規性・頑健性などを評価します。

このプロセスによって健全な科学が維持されるという良い側面があります。実際に建設的な意見を中心にまとめてくるような査読者のコメントをみると、論文の内容を修正するにとどまらず、その領域の新たな知見を得る貴重な機会にもなり得ます。 (さらに…)

編集者の決定への対応

911083_s提出した論文に対して雑誌編集部から決定が下されます。提出したままの原稿がそのまますんなりと雑誌に掲載されることはまずありません。通常は査読のプロセスを経て何らかの修正を加えたのちに最終原稿となり、雑誌に掲載されます。このようなプロセスの中でどのように論文の内容への変更が反映されていくのでしょうか。今回は編集部からの決定への対応方法を解説したいと思います。

 

1.査読結果が届いて行うべきこと

論文原稿を提出してしばらくすると、査読を経た論文原稿に対して修正すべき点を明記した連絡が著者のもとに届きます。

その段階までいかずに編集部で掲載不可となる場合も少なくありませんが、査読後のコメントが届くのは望みがあります。

この段階ではまずは査読者からのコメントを一つ一つしっかり理解することにあります。中には手厳しいコメントもありますが、たいていのコメントは建設的で論文をいかにして洗練させるかということに心を砕いてもらっていることが伝わるようなコメントであることが多いと思いますので、まずは心を落ち着けて対応しましょう。

修正方法については、大きな変更を必要とするmajor revisionと、誤字脱字、表現方法の変更などで済むようなminor revisionがあります。

Major revisionとなった場合には、必要に応じて追加の解析や実験を行って結果を (さらに…)